全部知っていたら恵比寿ツウ!看板のない隠れ家特集4選

グルメな大人が集まる人気タウン、恵比寿。人気店がたくさんひしめく駅前だが、まだまだ知られていない店は数多い。中でも、看板や表札を出さない隠れ家は、大人ならひとつくらい知っておきたい!

変貌する街で愛される、変わらない味と心意気『くおん』

西口を出て、アトレを横目に直進。2階にカラオケ店があるファミリーマートまで向かう。

その横の急な階段を上り、右に進むと、小さな『くおん』の看板が目に入る。看板と言っても、よく見ないと気付かずにスルーしてしまうほど。

白木のカウンターのほか小あがりのテーブル席もある

駅からすぐなのに、知らなければ絶対にたどり着けない。

店までのアプローチそのものがすでに最高のプレゼンテーションであり、静かな住宅街と戸を開けた満席の賑わいのギャップがまた最上のアペリティフとなる。

看板料理の「炙り〆鯖の棒寿司」(2貫)800円。季節によって全国からいい鯖を探して仕入れている

強敵が次々と現れるこの街で10年以上も人気を誇るのは実力の証だ。目利きの確かな魚や鎌倉野菜、この時期に岩手から届く天然のきのこなど、厳選した素材と純米酒という変わらぬスタイルが地元で長く愛されている。

「名残り鱧と松茸のすだち小鍋」。鍋仕立てにすだちの酸味が爽やか。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

約20種類の日本酒はすべて純米酒。蔵元を訪問するなど縁を大切にしている

赤を基調とした店内はまるで中国食堂

場所だけでなく料理もサプライズ感満点のネオ中国食堂『麻辣香鍋的 中村 玄』

そこにあるのは飲食店というよりは個人の家。恵比寿駅から徒歩5分程のアパート2階の一室にかかっている表札が『中村 玄』。

その下にある「SECOM」マークが目印だ。思い切ってドアをガチャっと開けると、赤を基調とした空間が広がり、それはまるで中国食堂。

唐辛子たっぷりの「麻辣香鍋(マーラーシャングォ)」

ここで必ずオーダーすべしは、日本でまだ数軒でしか食べることの出来ない「麻辣香鍋(マーラーシャングォ)」。本場北京で専門店が出来る程の人気料理だ。

10種以上の旬野菜の素揚げにたっぷりの朝天唐辛子が豪快に入った汁なしの火鍋は、肉や魚介類、きのこや豆腐など選べるトッピングも嬉しい。さらに微辛~辛まで4段階の辛さでカスタマイズできる。

その隠れ家感はもちろんだが料理のサプライズ感も抜群のネオ中国料理、ぜひご堪能あれ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo