『さくらの親子丼』で売上げ急上昇!真矢ミキさんがうなった親子丼の名店とは?

お出汁の香りが食欲を掻き立てる!トロトロの親子丼が食べられる店3軒

なめらかな卵の中に軍鶏のしっかりした歯ごたえが映える、親子丼

軍鶏ならではのたくましい弾力とトロトロ卵のコントラスト! 親子丼発祥の老舗『玉ひで』

宝暦10(1760)年、今から250年以上も前に創業した軍鶏料理専門店『玉ひで』発祥の親子丼。

明治24(1891)年ごろ、鍋のシメに卵でとじた軍鶏肉をごはんのおかずにして提供したものが、その原型とされる。

朝びきの新鮮な東京軍鶏を使用し、固めの白米にトロトロの卵が合うのなんのって……軍鶏ならではのたくましい弾力と卵のコクにも注目。

剛柔併せ持つ食感、甘みを控えた仕上がり、すべてにおいてひとときも口を飽きさせない。

ランチで一番人気の「親子丼」。香の物、味噌汁がセット。

100年以上続く老舗の味をリーズナブルに『新三浦 築地本店』

築地にある『新三浦(しんみうら)』は、明治43年創業の、博多名物"水たき"の老舗店。高級店で頂くお得なランチが周辺のOLやサラリーマンに人気だ。

ランチメニューの中でも一番人気が、水炊きにも使われる極上の鶏肉を使って作る、親子丼。

高級感ある器で登場した親子丼。その蓋を開けると現れるのが、濃いめの割り下で程よい色染まったとろとろの半熟卵。

見た目は濃いめだが、口に入れてみると甘さが控えめで鶏肉の味をしっかりと感じられるバランスだ。絶妙なつゆだく加減がさらに食欲を増す。

とろとろに仕上げられた卵の中には、小さ目にカットされた鶏肉がたっぷりと

鶏肉は小さ目にカットされているから火の通りもよく、固くならずにいただける。

店内に入るところから食後のおもてなしまで、親子丼1杯の客に対しても最高のサービスを提供してくれる。

名店の味をリーズナブルに楽しんでみてはいかがだろうか。

とろっとろの半熟卵の親子丼!

これを食べるためだけに銀座を訪れる価値あり!『ばぁーどはうす○勝』

名古屋コーチンの中でも最高級の、稲垣種鶏場の純系名古屋コーチンを扱う鉄板地鶏店。

とろっとろの半熟卵をすくってほお張ると、ムチっとした弾力の鶏肉から肉汁が溢れ出す。

ジューシーで力強い旨みの鶏肉にまとうのは、鶏ガラベースの割下で味つけした濃厚な奥久慈卵。

鶏のコクと旨みを凝縮させた「親子丼」。銀座を訪れたら食べずにはいられない。

■プロフィール
真矢ミキ 大阪生まれ。元宝塚歌劇団花組男役のトップスター。宝塚史上初となる、篠山紀信氏による男役の写真集や、つんく♂さんプロデュースの武道館公演など、自由な発想で個性的な活動を行った。1998年に宝塚歌劇団を退団、以後は女優として活躍。現在はTBS朝の情報番組『ビビット』でMCを務める。

■衣装提供
トップス¥14,000/ダブルスタンダードクロージング、スカート¥18,000/ソブ(ともにフィルム☎03-5413-4141)
ネックレス¥5,000、イヤリング¥7,500、ブレスレット¥7,000(すべてアビステ☎03-3401-7124)

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo