カマトト狂騒曲 Vol.1

カマトト狂騒曲:その女の一挙一動、天然なのか、計算なのか...!?清純派女子アナたちの舞台裏

キャリアも幸せな結婚も、そして美貌も。

女が望む全てのものを手にし、したたかに生きる女たちがいる。

それは、東京の恋愛市場においてトップクラスに君臨する女子アナたちだ。

清純という仮面をかぶりながら、密かに野心を燃やす彼女たちは、現代における最強の“カマトト女”。

これは某キー局のアナウンス室で繰り広げられる、“カマトト狂騒曲”である。計算高い彼女たちはどうやって、全てのモノを手にしようとするのだろうか…?


「レミちゃん、今日の番組の衣装、すごく似合ってたねぇ♡」

収録終わり、にこやかに話しかけてきたのは、同期の橘花凛である。

「本当?嬉しい!私は花凛みたいに華がないから、せめて衣装は華やかな色にしないとね。」

花凛は、局の看板アナウンサーだ。サラサラなびくストレートヘアーに、スラリとした細くて真っ直ぐな脚。女の私でもため息が出るくらい、花凛は美しくて華がある。

「レミちゃんは親しみやすい雰囲気だから、そこが主婦ウケするってプロデューサーが言ってたわぁ。」

何の悪気もなくにっこり微笑む花凛に、ありがとうと言うべきなのか悩みながらも自分のデスクへ戻った。

私・田口レミは、26歳。入社4年のアナウンサーである。

周囲が言うように、当初私は報道向けの“地味枠”採用だった。それがたまたまプロデューサーの目に留まり、10時からの主婦向けの番組を担当させてもらえることになったのだ。

でも、私は知っている。
花凛がいる限り、私は絶対に1番になれない。

彼女は女子アナ界きっての、最強の「カマトトちゃん」なのだ。それが計算なのか天然なのか、私でさえ分からなくなるほど。

【カマトト狂騒曲】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo