東京シンデレラ Vol.2

東京シンデレラ:東京で素晴らしい女性になるから。素敵なカバンと、靴をください

私たちは、東京にいる限り夢を見ている。

貧しい少女にガラスの靴を差し出す王子様が現れたように、いつかは幸せになれると。

だが必ず、自分が何者でもないと気づかされる時が来る。

神戸から上京し、港区女子へと変貌を遂げる真理亜と、その生き様を見つめる彩乃。

彼女たちが描く理想像は、現実なのか、それとも幻なのか...


ずいぶん冷え込むようになった、表参道の並木通り。

私はショーウインドーの前で、かれこれ10分くらい立ち尽くしていた。

見つめる先には、約60万するシャネルの鞄があった。

頑張って働いたとしても、1ヶ月のお給料でも到底足りない。だけど、頑張ったら何とか買える気もするマトラッセ。

喉から手が出るほど欲しいのに、色々考えると買えない。

そんな虚しさを感じながら、私は『ダイニズ・テーブル』へと向かった。

真理亜が最近交際しているフォトグラファーの彼と三人で、食事をすることになっているのだ。

秋の夜風が、ビルの隙間から容赦なく私に向かって吹いてくる。タクシーでも捕まえようかと思ったが、この距離なら歩こう。

ピンヒールがジリジリと、私の足を痛めつける。


—やっぱり、1,000円くらいケチらずにタクシーに乗ればよかったかな...。


そんな後悔と共に足が痛くなってきた頃、ようやく店に着いた。それと全く同じタイミングで、颯爽とタクシーから降りてきた女性が目に入る。

「彩乃ちゃん!もしかして歩いてきたの?」

半年前に上京してきた真理亜は、ここ数ヶ月で一気に派手になった。真理亜の無神経な一言に苛立ちながらも、軽く笑顔を作る。


駆け寄ってきた真理亜からは、風と共に強いイラン イランの香りがした。


真理亜に手を引かれ、私たちは一緒に階段を降りて行く。

今考えるとこの彼こそが、東京で生きる真理亜の根源をとなった存在のような気がする。

【東京シンデレラ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo