男と女のLoveゲーム Vol.8

恋人と浮気相手がつながっていた…?浮気男を震え上がらせる、恐怖のSNS戦略

日々、騙し騙されかけひきをくり返す、東京の男と女。

彼らの恋愛ゲームには、終わりなど見えない。

これまで、互いを“最高の恋人”と称賛する仮面カップル、職業を盛って騙し合う港区男女、浮気をする彼氏に罠を仕掛ける女の話を紹介してきた。

前回、浮気男の晃と彼女である夏希、そして浮気相手の由紀3人の水面下での攻防を紹介した。

後編となる今回、彼らのかけひきは誰に軍配が上がるのだろうか。


彼女と浮気相手が友人になっているなんて


大手電機メーカーに勤める、晃(29)です。

僕は今、非常に危機的な状況に置かれています。

まさか彼女の夏希と浮気相手の由紀が、知らないところで友人になっていたなんて。

正直言うと…ここ数週間、僕は憎からず由紀を想うようになっていました。夏希と正反対だからこそ、惹かれてしまうところがたくさんあった。

しかし、2人にばれてしまうかもしれないと思った瞬間。長い時間を共にした夏希を失う恐怖の方が、やはり勝りました。

激しく揺れ動く感情の渦の中、僕は由紀との関係を終わらせることに決めました。

鉄板のフェードアウト・ワードは「家族の具合が悪い」


「家族の具合が悪くて実家に帰らなければいけない。だから今は会う余裕がない」

こんな風にうなだれる男を前に、責めることができる女性などいないですよね。

相手の良心につけこむ罪悪感はあるものの背に腹は代えられない、と僕はこの手法を使うことにしました。

週末の土曜日。

由紀とはFacebookでつながっているため、信憑性を持たせるために実際に埼玉の実家に帰り、その様子を投稿してからメッセージを送りました。

―今実家に帰ってきているんだけど…親父が病気なんだ。

由紀からは、すぐに返事が来ました。

―…そうなの?お父さんの具合は?

―入院することになったんだ。だからごめん、しばらくは実家にちょくちょく帰るから、会えないかもしれない。

―そんなこと気にしなくていいよ。お父さんのそばにいてあげて。

由紀の温かい言葉に、僕は心から安堵しました。嘘をついているという罪悪感を抱えていたから尚更。

しかし、その直後。夏希からメッセージが届きました。

【男と女のLoveゲーム】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo