麗しの35歳 Vol.8

絶体絶命、麗しの35歳。嫉妬に狂った20代の小悪魔女子が企む陰謀

女性の結婚率は、35歳を境に急激に下降する。

東京で、まことしやかにささやかれる言葉だ。

他にも、身体の変化、実家の問題、将来への不安と、目を背けたいことが増えてくる年齢でもある。

だがしかし。そんな悲観を抱くことは一切なく、麗しき独身人生を謳歌する女がいた。

恭子、35歳。

彼女が歩けば、男たちは羨望の眼差しで振り返り、女たちは嫉妬する。

恭子は一体、何を考えているのか?


外資系ラグジュアリーブランドで働く恭子の部下・周平は急な転職を決意し、二人は最後の夜、一歩距離を縮めたかに見えた。

しかし、周平の想いに気がついた元彼女・瑠璃子は気が気でなく、あの手この手で周平を振り向かせようと画策する。


今日の食事会は、楽勝だった。

『ケンゾーエステイト ワイナリー』での食事会の帰り道、私は確かな手応えを感じながら、けやき坂を歩いていた。

「完全に男全員、瑠璃子狙いだったよね。いつも美味しいとこ持ってっちゃうんだから…」

私を食事会に誘ってくれた理奈さんが、口を尖らせて私を軽くなじり、そして頭を抱えた。

「あーあ…やっぱり瑠璃子なんて誘わなきゃよかった」

理奈さんが私を食事会に連れて行くなんて、余程急を要していたのだろう。参加者のドタキャンを埋めるためのピンチヒッターとして、私は派遣されたのだ。

婚活に必死な理奈さんが連れてくる男性陣のクオリティに不安はあったものの、周平の転職へのショックもあって、憂さ晴らしをしたかった私は二つ返事で参加を承諾したのだった。

「瑠璃子、どうやったらそんなにモテるの?お願い、秘訣を教えて」

理奈さんは急に声色を変え、猫なで声で私に尋ねる。

私は、小さく微笑んでから、きっぱりと言った。

「そんなの簡単です。食事会の最中に、目が合った相手に、にっこり笑いかけるの。百発百中ですよ」

あまりに単純な私のアドバイスに、理奈さんは口をぽかんと開けたままだ。

もちろん、初対面の男たちの興味を惹きつけるのに必要なのは、それだけで十分なはずがない。

洗練されたルックス、そして20代という年齢のブランドがあるからこそ、この作戦がはじめて効力を発揮するのだ。

「あなたって本当に小悪魔ね…。でも、わかった、瑠璃子の作戦、来週の食事会でやってみるわ」

—お気の毒様。

私の話をすっかり鵜呑みにして、意気込みを熱く語る理奈さんに、冷ややかな視線を送った。

タクシーを拾った理奈さんを見送り、私は日比谷線の六本木駅へと向かう。

歩いている途中、見慣れた男の姿が目に飛び込んできた。

—えっ…あれって…周平じゃない?

【麗しの35歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo