先週のアクセスランキング!1位は「バスルームに直進した、絶対に外れない“女の勘”。男の口から出た咄嗟の言い訳とは?」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“年内婚約 2017”に“恋愛中毒”から“寿退社したものの”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
バスルームに直進した、絶対に外れない“女の勘”。男の口から出た咄嗟の言い訳とは?

―元彼と戻るなんて、ちょっとダサいけど...。まぁ、改めてサトシの良さが分かったし...。

麻里は自分に言い訳するように思案に暮れながら、彼の部屋に一歩踏み入れた。

―...ん?

しかしその瞬間、麻里は明らかな違和感を持った。

続きはこちら

★第2位
アモーレの反乱:40歳初婚。リッチな夫が厳選したはずの「若く美しい妻」の罠と秘密

僕は39歳。彼女の利奈(りな)は24歳だった、最初のデート。2軒目にエスコートしたバーのカウンターで、「夜の街をあまり知らないんです」とはにかみ、うつむいた彼女の横顔を美しいと思った。

「タクシーを道端で捕まえちゃいけないんですね、銀座って」

ほろ酔いで驚きながら、ケタケタと笑う彼女の手を初めて握ったのは3度目に会った夜。新橋駅近くのタクシー乗り場まで手をつないで歩いた。

続きはこちら

★第3位
恋愛中毒:2日間連絡がないだけで、何も手につかない。夫でない男に心奪われた、憐れな女

「...たっちゃん?出張じゃなかったの?その人、誰?」

声に怒りが滲まないように、あゆみはなるべく無感情に言った。自分の恋人が、知らない女の肩を抱き、今まさに彼のマンションに入ろうとしている。

しかし、こういった局面で感情に流され激昂などするような女は、虚しい結末を迎えるのは分かっている。あゆみは加害者になってはいけない。哀れな被害者であるべきだ。一瞬、達也が隣の女に何か囁いた。

続きはこちら

★第4位
35歳・婚活の過酷な現実。苦しむ独身女子を救った、魅惑のジャンヌダルク

「理奈。お疲れ様」

鏡を見上げると、背後には恭子が立っていた。

「恭子…」

瑠里子たちの悪口を聞いてしまった一件以来、恭子と二人きりで話すことをなんとなく避けている。でも、今の私が恭子に対して恐れることは何もない。すっかり強気になって、先日の食事会のことを切り出した。

続きはこちら

★第5位
寿退社したものの:自分の選択を肯定しないと気が済まない、専業主婦の邪魔なプライド

「ねぇ、志穂ちゃんもひなちゃんを幼児教室に通わせてるのよね、渋谷の。そういうのは全くないの?」

美香が志穂に話を振ると、みな一斉に志穂の方を向いた。

「うん、そういうのは全然なくて。というかね、基本的に保護者はお教室に付き添わないのよ。その間私も、仕事しているの。」

志穂は得意げに言ったつもりなのだが、美香があからさまに眉をひそめた。

続きはこちら

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo