しっとり食事なら”港区の下町”麻布十番へ! 居心地最高なカウンター店7選

東麻布の静かな場所に、ピンクのネオンが鮮やかに輝く

本格フレンチにパスタまでNYスタイルの新ビストロ『ビストロチック』

静かな東麻布エリアに、ピンクのネオンが鮮やかに輝く『ビストロチック』。 コンセプトは、“ニューヨークでフランス人が営むビストロ”だ。

前.香るソースが卵と好相性の「スフレオムレツ ポルチーニとトリュフのクリームソース」¥980。 奥.ハーブなどでマリネしたマグロが美味しい「熟成マグロとアボカドのタルタル」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

「鴨胸肉のポワレ ペリグーソース」など王道ビストロメニューはもちろんだが「〆にパスタが食べたい」という欲望もかなえられる。

トリュフが香る名物のスフレオムレツは必ず注文したい一品。シェフ瀬戸川氏の女性らしい感性が加わった、ここででしか味わえない一皿に出会えるはず。

ナチュラルなものから国産、ハイレンジまでそろったワインもお楽しみだ。

真っ白なタイルのフルフラットカウンターキッチンはデートに人気

ニューヨークのエッセンスをミックスした店内は、古い素材にモダンな素材を組み合わせた内装で、真っ白なタイルのフルフラットカウンターキッチンも魅力的。

肩肘張らない普段使いのデートにもピッタリだ。

「ふりそで」(¥300)

部位ごとに考案されたソースがワインに寄り添う『Shaji』

“フレンチ焼き鳥”をコンセプトに、レバーなら赤ワインソース、ささみにはタスマニアンマスタードと、ワインとの相性を考慮し、それぞれの部位に合ったソースを添えて提供する『Shaji』。

もちろん、ワインとの相性は抜群。ソムリエが厳選するワインは、フランスをはじめ、イタリア・スペイン・オーストラリア・などグラスワインも常時10種類取りそろえる充実っぷり。

使用する「総州古白鶏」は、脂肪分が少ないながら旨みとコクに溢れている。 1羽からふたつしかとれない「ふりそで」は、グリーンペッパーのソースで。口の中で香りがフワッと広がる。

「肉汁溢れる 合鴨の変わりつくね~パリパリピーマンを添えて~」(¥600)

軟骨入りのつくねには、合鴨肉を使用。肉汁たっぷりのつくねを、ピーマンに乗せていただく。

ピーマンの爽やかな苦味とスパイスがいいアクセントになり、大人の味に仕上がっている。

ご飯が隠れる程にトリュフが乗った「トリュフの炊き込みご飯」

串以外にもワインに合うメニューが並ぶ。和食とフレンチで修業したという料理長の「トリュフの炊き込みご飯」は必食!

40分かけて炊き上げるトリュフご飯は、ふたを開けると、これでもか!という程たっぷりのトリュフ。もはや、下のご飯は見えない…!香り高いトリュフを贅沢にシンプルに堪能しよう。

カップルシートになっているカウンターは、デートに最適

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo