LINEの答えあわせ【A】 Vol.18

見落としがちなLINEマナー。「店、決めとくね」の一文に、違和感を覚える女の本音:LINEの答えあわせ【A】

A1:連絡は嬉しいけれど、その時間に問題アリ。貰うと冷める、深夜のLINE


そこから、洋介さんとのLINEのやり取りは続いた。

初対面の時から妙に居心地の良さを感じていたけれど、それはLINEでも一緒だった。

そして「今月は忙しい」、と聞いていたので、会えなくても不思議と平気だった。

LINEで繋がっている気がしたし、いい大人になれば、仕事優先で会えない時もある。

そう思っていた矢先、洋介さんから連絡が来た。


今日は家にいて、もうお風呂にも入ってしまった。つまり、化粧も落とし、コンタクトも外している。

すっぴんにメガネの状態で会える訳がない。ここから出かけるとなると、またファンデーションを塗り直し、髪も綺麗にブローして...とかなり面倒だ。

女性のお風呂あがりは忙しい。

パックをしながらボディクリームを塗って、髪にオイルをつけ、最後に美容液を念入りに塗りこむ。

その作業を終えた後は、全く外に出る気がしない。だから泣く泣く断りのLINEを入れる。


突然の連絡でも、こうしてフォローが入ると嬉しい。二軒目要員にされているのとは、また違う気がするから。

しかし、その次に入っていた一通が、私の心に疑問の種を蒔いた。


そのLINEを見たのは、朝だった。何故なら、そのLINEが入っていたのは深夜2時だったから。そんな時間、寝ているに決まっている。


とりあえず返信を打つものの、私の心には大きな疑問が残った。



「ねぇ、深夜にLINEを送ってくる男性ってどう思う?」

その週末、涼子と買い物中に、迷わずこの話題になった。
「深夜って、どれくらい深夜?」
「夜中の2時。」
「酔っ払ってたんじゃない?ほら、男性って酔うと好きな女に会いたくなる、って言うし。」

それはそうかもしれない。涼子の発言に、少し納得し、そしてちょっと嬉しくなった自分がいた。

でも、その夜に来たLINEで、私の浮ついた心は綺麗に地面に着地した。


また、深夜2時過ぎのLINEだった。この人は、常識というものがないのだろうか?私が寝てるとか、きっとあまり考えていないんだろうなぁ...

何より決定打となったのは、この一文だった。

【LINEの答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo