先週のアクセスランキング!1位は「恋愛中毒:嫉妬と独占欲ゆえ、“一線”を越えた妻。その背後に忍び寄る、女の影」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“恋愛中毒”に“年内婚約 2017”から“麗しの35歳”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
恋愛中毒:嫉妬と独占欲ゆえ、“一線”を越えた妻。その背後に忍び寄る、女の影

不思議なほど、罪悪感はなかった。
そんな後ろめたさを持つくらいなら、初めから何もしなければいい。平然と嘘をつくことができなければ、達也に会うことができなくなる。

あの日。
達也の部屋で一線を越えてしまってから、菜月は半ば開き直りにも似た気持ちで、危険な恋の中毒に溺れていた。

続きはこちら

★第2位
男と女のLoveゲーム:彼の部屋で、朝8時に鳴ったインターフォン。中流女がエリート男を射止めた咄嗟の対応とは?

―彼女を裏切って選んだ女の元に、今、僕は走っている。

こういう時、映画の主人公ばりにロマンティックなドラマを脳内で描いている男性には、ちゃんとヒロインとして合わせてあげないと、ですよね。
彼は今でも歴代彼女の中で私を一番大切にしていると言いますし、結婚も考えてくれていると思います。

私も彼一筋?いえ、とんでもありません。

続きはこちら

★第3位
年内婚約 2017:“チヤホヤ”=“モテ”ではない。男を甘く見過ぎた美女が受けた、屈辱

何よりも、浩一の紳士で純朴、かつ真面目そうな振る舞いに、自分は若干気持ちが傾いていたではないか。
やっと状況を飲み込み始めると、今度は心の奥底から、火を噴くような怒りが込み上げてくる。

―やられた。

超絶イケメンや富豪レベルの男ならまだしも、外銀エリートとはいえ、あんなヤワな男の罠にまんまと引っかかった自分に、とにかく腹が立って仕方がなかった。

続きはこちら

★第4位
寿退社したものの:「ママに見えない」じゃ満たされない!仕事を探す専業主婦に襲いかかる壁

「聖羅、本当に綺麗になった…。」 心の中のつぶやきが、思わず口から漏れた。
やだ、そんな褒めてくれても、と照れる聖羅の髪はたっぷりと艶めいて、流れるカールの先端まで美しい。

対して、自分はどうだろう。それなりにトレンドを押さえた服で来たつもりだったが、やはり現役で働き、恋愛市場に残っている聖羅との「みずみずしさ」の違いは明らかな気がした。

仕方がない。自分は、もう母になったのだからー。

続きはこちら

★第5位
麗しの35歳:35歳、女の闘い。独身仲間の固い絆さえ嫉妬に変えさせた、恐るべき女の美貌

「いい?恭子、よく聞いてね」
私は一呼吸し、彼女に切々と話し始めた。

「35歳を過ぎた女性が結婚できる確率は知ってる?」
首を横にふる彼女に呆れながら、続ける。

「10人にひとりと言われてるのよ」

続きはこちら

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo