日曜日の女 Vol.3

日曜日の女:道ならぬ恋にハマる女を蝕む「希望」という名の幻想

東京には、都合の良い勘違いをしている女が多い。

麻布十番で会員制サロンを開いている麗子のもとにも、毎週のように勘違い女が現れる。

麗子は毎週日曜日になると、その週に出会った女たちを振り返るのを趣味としている。

先週は、結婚賛美を押し付ける女・マリを紹介した。

さて、今週麗子を驚かせた女とは?


<今週の勘違い女>
名前:朋美
年齢:32歳
職業:看護師

客観的に見たら、絶望的。


今夜、会員制リラクゼーションサロン「angelle(アンジュール)」にはポツポツとキャンセルが出てしまい、オーナーセラピストの麗子は突然出来たスキマ時間を持て余していた。

そんな時は、客のカルテを見返し、来店ペースや施術箇所の経過などをチェックすることにしている。

そうしているうちに、山下朋美のカルテに到達した。

「山下さん、今週は水曜と土曜、2回もいらしたわね…。」

朋美のことを思い出す時、麗子は言いようのない、虚しい気持ちに襲われる。

朋美は32歳で、大学病院の看護師だ。

話を聞くところによると、彼女はどうやら道ならぬ恋にハマっているらしい。毎週訪れる麗子のサロンで、逢瀬の一部始終を打ち明けていく。

だが、その内容がどう考えても「絶望的」なのだ。

セラピストと客という関係性でなければ、頬を引っ叩いてでも目を覚まさせたい朋美の状況を案じると、麗子は自分まで鬱屈とした気分になってしまう。

【日曜日の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo