自然に密着デートするならここ!ムード抜群の西麻布カウンター6選

  • 今治の炙りぼたん蕎麦。仕入れ状況などによりメニューは異なる。写真は一例

  • 落ち着いた色調の店内が、大人な雰囲気を醸し出す。

  • 透き通るように新鮮な蛸をたこしゃぶに。佐島の生わかめをさっとくぐらせれば、色合いも華やかに。仕入れ状況によりメニュー変更あり。

  • 入口には鮮やかに輝くブルーのネオン。さぁ、大人の時間のスタートだ!

  • デートにはメインカウンターを予約必須!奥行きのあるカウンターは9席を備える。

  • カウンターの奥にシェフの調理する姿を見ることができるオープンな空間

  • コースの最初に通されるのは、スナックのプレート。一口サイズのカポナータや中にリコッタチーズを忍ばせて揚げたペンネなど、フィンガーフードとして乾杯のワインに合わせたい。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

  • ガラスの皿の上に立つ「鮎の炭火焼」。手掴みでどうぞ!季節などによりメニューは異なる。写真は一例

  • イカを余すことなく楽しむことができる「イカスミのタリオリーニ ゲソのラグー」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

  • ワインやシャンパンはオーガニックを中心に取り揃えている

  • 鴨のコンソメスープで炊いた大根に、赤ワインで煮込んだ牛ほほ肉がのる(牛の代わりにとろろ昆布も選べる)。おでん種はほかに、牛タン九条葱、がんもどき、ロールキャベツなど旬により変化する

  • 銅製の鍋は見るからにおでん鍋。中も練り物や大根などやはりおでん。しかし、ネタを食べればワインにぴったり。その意外性、味わいにやられるはず。

  • お忍びデートにぴったりのカウンター席

  • 上品なカウンターで、目の前で焼き上がる鶏を一本ずつ楽しむスタイル

  • 濃厚な味わいがある水郷赤鶏には、日本酒がよく合う

  • 水郷赤鶏のレバーで作る「レバーペースト」

  • 「炙りのお通し」。左から「きびなごの干物」「自家製鴨のスモーク」「長芋のゆかり漬け」。特に、桜のチップでスモークした鴨のスモークは板長こだわりの品だ。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

  • 料理は、日本酒と一緒に食べてこそ輝くメニューばかり。「和牛赤身肉のカルパッチョ 雲丹とこだわりの温泉卵で」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

  • 「蟹の甲羅焼き」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

  • 大トリは「生雲丹、いくら、キャビアの和牛軍艦」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

  • テーブルや個室はビジネスシーンにもオススメ。デートであればカウンターは予約必須だ!

  • コースの最初に登場する前菜の盛り合わせは、鮮やかな有田焼が映える。写真はコースの一例

  • ワンスプーンでいただくのは、「ウニのカッペリーニ」。写真はコースの一例

  • メインは、フレンチらしくシンプルに肉の旨みが味わえる「鴨のロースト」。写真はコースの一例

  • メインの後の食事に、土鍋で炊いた白飯と手作りのおかずが登場するサプライズ

もどる
すすむ

1/31

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo