先週のアクセスランキング!1位は「2対2での食事後、個別で仲良くしたい時。その一文が落とし穴:LINEの答えあわせ【Q】」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“LINEの答えあわせ【Q】”に“まさかの19時解散を強いられた男”から“41歳魔性の女から、痛烈な一言”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
2対2での食事後、個別で仲良くしたい時。その一文が落とし穴:LINEの答えあわせ【Q】

夏美との出会いは、仕事だった。広告代理店に勤める僕はSNS周りの仕事をしており、流行りの“インフルエンサー”事業に携わっている。

クライアントから「インスタグラマーを用意しろ」と要求があり、その時に呼んだうちの一人に、夏美がいた。

続きはこちら

★第2位
「またみんなでご飯に行きましょう^_^」が意味する、女の打算:LINEの答えあわせ【A】

「拓巳さん、今日はありがとうございました。また何かあれば、是非お願いします♡」

“また何かあれば”、にはもちろん仕事の意味も含まれている(代理店の人に媚を売って、損することはない)。

でも、それだけじゃなかった。純粋に、仕事の枠を越えて仲良くなりたいと思ったから。すんなりLINE交換を終え、帰り道ですぐにLINEを送った。

続きはこちら

★第3位
28歳美人CAとの鮨デートの悲劇。まさかの19時解散を強いられた男

―これはもしや、運命の出会い?恋が始まってしまうかもしれない...!

江森は数日の間、菜々子との逢瀬をあれこれ妄想しては幸せに浸っていた。真夏の恋の予感は、男にとってもロマンス溢れる夢なのだ。

しかし。約束の当日、期待値がMAXに高まった江森を待ち受けていたのは、2時間前ドタキャンという受け入れ難い悲劇だった。

続きはこちら

★第4位
ミスコン世界一を目指す美女は、生クリーム片手に医学を猛勉強する才女だった!

ハリウッド女優のようにパンと張った肩幅、伸びやかな手足、造作のはっきりした華やかな顔立ち――――。まさに大輪の花だ。

これだけ高度なスペックを与えられた美女だけに、ひまわりのように太陽の光を目一杯浴びる人生を送ってきたのだろうと想像する。けれども清田彩さんは、遠くを見るような目で「遠回りばかりの人生でした」と切り出した。

では、彼女はどんな遠回りをしてきたのか、熊本で過ごした幼少時代に遡って振り返っていただこう。

続きはこちら

★第5位
「彼のこと、何も知らないのね」41歳魔性の女から、痛烈な一言

―井上さんと一緒にいた女の人、この人じゃない?

葵から送られてきたその女性の画像は間違いなく、あの夜井上さんのマンションの前で見た女性の顔 だった。

「葵、何で知ってるの……?」

その不可解なつながりに、ハナは妙な胸騒ぎを覚える。茫然としていると、葵が続けざまにこう送ってきた。

続きはこちら

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo