LINEの答えあわせ【Q】 Vol.12

2対2での食事後、個別で仲良くしたい時。その一文が落とし穴:LINEの答えあわせ【Q】

たった1通のLINE。

その巧拙が恋愛の勝敗を決めかねないが、恋愛マニュアル情報は巷に数多くあれど、LINEの正解を教えてくれるコンテンツはほぼ見当たらない。

男女でLINEに対する捉え方は、全く異なるようだ。

あなたが送るそのLINE、気づかぬうちに間違えていないだろうか。


夏美との出会いは、仕事だった。

広告代理店に勤める僕はSNS周りの仕事をしており、流行りの“インフルエンサー”事業に携わっている。

クライアントから「インスタグラマーを用意しろ」と要求があり、その時に呼んだうちの一人に、夏美がいた。

透き通るような肌に、ぱっちり二重。タレントとしても通用しそうなその外見に、仕事と言えども気になって仕方がなかったことは言うまでもないだろう。

「拓巳さん、今日はありがとうございました。また何かあれば、是非お願いします♡」

仕事後に挨拶に来た夏美が、ごく当たり前のことかのようにLINEのIDを聞いてきた。

次に何かあった時に仕事がほしいだけだとは思うが、LINEを交換できたことに少し心が躍る。

そしてその日の夕方に来たLINEを見て、さらに僕のテンションは上がった。


—いつでも、連絡下さい?!

純粋に仕事だけの関係だったら、そんな文面送らないだろう。“仕事があれば、いつでも連絡下さい“となるはずだ。

社交辞令だとしても、これは嬉しい。思い切って、食事に誘ってみよう。

しかし最初から一人で誘うのも憚られる。向こうの気持ちもわからないし、誰か誘った方が良いのではないだろうか。

そう思い、次の文面を送った。

【LINEの答えあわせ【Q】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo