華麗なるお受験 Vol.7

華麗なるお受験:早稲田初等部で出題される6つの項目。その中でも重視される、意外な資質

教育は平等、ではない。

親の経済力が子どもの教育や学力に反映される「教育格差」。

東京の中心で暮らす裕福な家庭では、子どもの教育に桁違いの金額を費やしていると聞く。

これまで、年間学費300万円をかけて世界のトップ層を目指すインターママや、親子4代白百合ママ、福翁自伝を愛読する幼稚舎ママ敢えての公立ママなどを紹介してきた。

今回は、悩みつつも早稲田実業初等部を選んだ母親の本音に迫る。


#File07 好きなことをしながら学歴もついてくる。早稲田初等部を選んだ母親の本音


名前:聡美さん
年齢:37歳
子ども:長男8歳
子どもの学校:早稲田実業学校初等部

JR新宿駅の人の多さは、異常だ。

サラリーマンとOLが行き交う駅構内は、人混みをすり抜けるように歩かねばならず一瞬たりとも気が抜けない。

用事がなければ好んで近寄らないこの街を訪れるのは、いつぶりだろうか。

今回の待ち合わせ場所は、『NEWOMAN』6階の『ROSEMARY’S TOKYO』である。

長男を早稲田実業初等部に入学させた聡美さんは、家事育児のほかフリーランスでデザイナー業をされているため多忙で、今回の日程調整もなかなかに骨が折れた。

クライアントとの打ち合わせの合間に1時間なら…ということで、聡美さんが立ち寄りやすい新宿駅近くのカフェを指定させていただいた次第である。

「こんにちは、初めまして」

店に現れた聡美さんは、ビジネスライクな声色で取材班に軽く会釈をした。

てろんとした素材のとろみトップスに、深いグリーンのミモレ丈スカート。シンプルながら洗練されたフォルムのバッグはヴァレクストラのものだろう。

聡美さんは言われなければ絶対に子持ちには見えない、できる女の風を吹かせた女性だった。

聡美さん自身にも興味がわくが、雑談をしている時間はない。取材班は挨拶もそこそこに、さっそく本題に移ることにした。

−早稲田実業初等部(以下、早稲田初等部と表記)を選ばれた理由を、教えていただけますか?

【華麗なるお受験】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo