結婚維持活動 Vol.8

結婚維持活動:ある日を境に妻を愛せなくなった夫が語る、勝手な理論

東京の女性たちは勘違いをしているかもしれない。

結婚できれば、それでハッピーエンドだと。

だが、生活を共にし始めてからが本番だ。結婚した後は、夫婦生活を継続するための「結婚維持活動」が必要である。

ー人間は判断力の欠如によって結婚し、 忍耐力の欠如によって離婚し、 記憶力の欠如によって再婚する。

フランスの劇作家、アルマン・サラクルーの言葉のように、「結婚維持」のキーワードは果たして、忍耐なのか?

この連載では、東京で「結婚維持活動」に勤しむリアルな夫婦の姿をお届けしよう。

今週は、夫への愛がなくなったまま結婚維持活動を続ける慶子の夫、光博を取材した。


<今週の結婚維持活動に励む夫>
名前:光博
年齢:39歳
職業:大手日系化学メーカー 研究開発職
結婚生活:8年

一見マジメだけが取り柄の、無害な夫。


いえいえ、全然待ってないですよ。

僕、早く来て本を読みたかったので。

どうぞそんなに、恐縮なさらず。とりあえず、飲み物でもオーダーされたらいかがですか。

いやぁ、今読んでるこの本、凄い面白くて。渋沢栄一の「論語と算盤」これは名著ですよ!

失礼ですが、今おいくつなんですか?

27歳?いや〜、若いなぁ。いいですねぇ。

実は僕、経営にも興味があって、数年前に、MBAも取得しまして。

え?あぁ、申し訳ないです。今日は妻のことでしたね。

僕、あんまり家庭生活に重きを置いていないんですよね。というのも、僕の妻、自立してるでしょ。

で、そんなに僕を頼ろうってタイプの女性でもないですし。うちは子供もいませんし。

はぁ…。好きかどうか?かなり際どい質問だなぁ。

正直言いまして、妻に恋愛感情のようなものはありません。無くなった、といった方が正しいかな。

いつからかっていうと…とある事件があってからなんです。

【結婚維持活動】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo