先週のアクセスランキング!1位は「エリート男が仕事帰りに送りがちなNGワード。身に覚えある?LINEの答えあわせ【Q】」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“LINEの答えあわせ【Q】”に“『大阪で生まれた女』の激動人生”から“それも1つのLOVE”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
エリート男が仕事帰りに送りがちなNGワード。身に覚えある?LINEの答えあわせ【Q】

—外資系証券会社勤務。

この肩書きがあれば、女性はたくさん寄ってくる。出会いもあるし、LINEも山のように来る。付き合いもあるので食事会にも顔を出すし、飲みにも行く。しかしその中でも、昔から知っている由美は特別な存在だった。

続きはこちら

★第2位
仕事後の彼に「お疲れさま♡」とLINEを送る女の本音:LINEの答えあわせ【A】

純平と出会ったのは、学生時代にさかのぼる。同じ学部だったけど、そこまで印象が強かったわけでもない。だけど卒業後、偶然会った時にすっかり見違えた。印象の薄かった同級生は、カッコいい外資系証券マンになっていたから。

“昔から好きだった”と言ってくれた時、とても嬉しかったことを今でも覚えている。しかし、付き合い始めて1年くらい経ったあたりから、ずっと気になっていたことがある。

続きはこちら

★第3位
ホントに中学教師だったの!?ミステリアス美女が語る、『大阪で生まれた女』の激動人生

樋口千紗さんは、エキゾチックで神秘的な雰囲気を湛えた美女だ。ひとめ見た瞬間、夜な夜な手のひらに水晶玉を載せて宇宙の行く末を占う千紗さんの姿が思い浮かんだ。

けれども、インタビューの間の雑談では、ややハスキーな声で関西弁のキレッキレのトークが始まる。この人、めっちゃ頭いいと思うと同時に、ルックスとトークのあまりのギャップに膝が笑った。

続きはこちら

★第4位
年の差、12歳。素直に「好き」と言えぬ事情が、女にはある

スマートフォンの画面をじっと見つめながら、その着信に出ようかしばし頭を巡らせる。井上さんの声を一刻も早く聞きたいのに、それに出るのは躊躇われる。井上さんが女性と2人で歩いているのを見て、裏切られた気分になっていたのだ。

―私のこと、散々好きって言っていたくせに。

自分のことは棚に上げて、そんな風に思ってしまう。10回ほどコールが鳴ったあとで、ようやくその電話に出る。

続きはこちら

★第5位
それも1つのLOVE:憧れ続けた女は幻だった?結婚式で初めて知る、彼女の素顔

本心を言えば、今夜は女性の温もりが欲しかった。だからあのまま帰らせるのは正直、惜しかったのだが、しかし引き止めた後のやり取りの煩わしさが勝った。

自分と奈々の、温度差の違いには翔平も当然気づいていた。それでも彼女と過ごす時間は心地よかったのだ。...曖昧である限りには。

奈々の口から、婚約までしていたはずの彼と別れたと聞かされてハッとした。そんなこと、別に翔平は望んでいなかった。

続きはこちら



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて「ビールの詰め合わせ」をもらおう!
アンケートはコチラから!

東カレデート詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo