• PR
  • たった1人の女 Vol.1

    たった1人の女:すべてを手にしたような男が、磨けば光る女性を好きになる理由

    ある4人の男たちがいた。

    港区で生まれ育ち、多くの女性たちと浮名を流してきた彼ら。

    そんな彼らにはそれぞれ、東京で“たった1人”と言える女性がいた。

    他の誰にも置き換えられない、特別な女性―。

    これは、“たった1人”の女性と出会ってしまった、4人の男の、狂おしくも切ない物語。


    29歳になる翔太は、人生のほとんどを港区内で過ごしていた。

    小学校から通っている私立のエスカレーター式の学校は、住所こそ港区外であったが、港区から目と鼻の先。

    学校が終わり、友人たちと遊ぶのは港区が常だった。

    虎ノ門で内科の開業医をしている父の影響で、翔太も幼い頃から医師を目指した。順調に24歳で国家試験に合格し、港区内にある大学病院での後期研修の終了も間近となった。

    当初は父と同じ内科医を目指していたが、研修を進めるうちに興味は脳外科へと移り、このままあと数年は大学病院の脳外科に残ることを決めた。

    自分の将来像が明確になった頃、自然と人生の伴侶を求めるようになっていた。

    これまで、付き合ってきた女性は数人いる。皆、翔太と同じように港区で生まれ育った、良くも悪くも“世間知らず”と言われるような女性たちばかりだ。

    結婚相手もきっと、同じような女性を選び、子供も自分と同じように港区で育てるのだろう……。なんとなくそんな風に思っていた頃だった。

    特別な女性・優子と出会ったのは。

    ダイナースクラブ_PC

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo