デーティングアプリは、必然に。 Vol.3

ゆるふわ系清楚美女が、女友達に咄嗟についた嘘。古い恋の傷は、新たな恋で癒すしかない

2017年、東京での“当たり前”な出会い方。

それはお食事会でも“友人の紹介”でもなく、デーティングアプリだ。

しかしオンライン上での出会いに、抵抗感を示す人は未だ少なくない。今まで難なく自分の生活圏内で恋人を探してきた男女なら、尚更のことだ。

商社で秘書として働く、桃香(30)もその内の一人。

―デーティングアプリって流行っているみたいだけど、私には必要ないわ。

そう思っていたある日のこと、友人・亜美にデーティングアプリで彼氏ができたことが発覚。しかも会社の憧れの先輩・奈緒が「東カレデート」の記事に「いいね!」をしているのを発見する。

気になった桃香は、早速「東カレデート」をダウンロードした。


「東カレデート」の入会には、審査がある。

異性の既存会員の過半数の承認が得られれば、入会できるのだ。

―この私が、落ちるわけないわ。こんなの楽勝よね。

心の中ではそう思いながらも、プロフィール写真を選ぶのにはかなりの時間を費やした。iPhoneのカメラロールをスクロールさせ、自分の美しさが最大限に分かるものを探す。

イメージはやはり、「清楚な秘書」と、一発で分かるものだ。水着ではしゃしいでいる姿やペットと一緒に写っている写真は、あざとい感じがして桃香的にはNGだ。

できることなら会社に行く恰好で撮った写真がいいが、大人数での飲み会の写真しかない。

―そう言えば、『フレンチキッチン』でランチを食べたとき、ケンが撮ってくれた写真、すごく可愛く撮れてたわ。

桃香は早速、過去のLINEをかなり遡り、元彼・ケンとのLINEにあるアルバムを見返した。

その写真は外のテラスで撮ったので、自然光でとても綺麗に撮れている。お気に入りのChestyの花柄ワンピースに、ゆるりとハーフアップにまとめた髪。ケンと一緒だったので、いつもより女性らしい笑顔を浮かべている。

それは、桃香が目指すところの「ゆるふわ系美女」そのものだ。

多くの写真を見返したが、ケンに撮ってもらった写真が、結局一番可愛く撮れている。少し甘えたような顔をしているので、デート中だと分かってしまうだろうか。

「まぁ、考え過ぎよねっ!!」

それをプロフィール写真にし、あとは簡単な自己紹介文を入れて審査を待った。

【デーティングアプリは、必然に。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo