アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜 Vol.3

「男の人と付き合うと、いつも…」才色兼備なハイスペ女子が、絶対に半年以内で別れてしまう理由とは

キャリアが欲しい。名声を得たい。今よりもっとレベルアップしたい。

尽きることのない欲望は、競争の激しい外資系企業のオンナたちに必要不可欠なもの。

しかし、ひとつ扱いを間違えると身を滅ぼしかねないのも、また欲望の持つ一面なのだ。

貪欲に高みを目指す、ハイスペックな外資系オンナたち。

その強さと、身を灼くほどの上昇志向を、あなたは今日目撃する──

▶前回:「私って、お荷物…?」二流大学を出たのに、外資系IT企業の役員になれた女。その悲惨すぎる待遇とは


File3. 舞(29)外資系メーカー マーケティング職
「私より有能で尊敬できる男とじゃないと付き合えない!」


「俺、今日は早朝からUSとテレカンで、ホントもう眠いんだよね」

「来週の経営会議資料なんだけど、俺のボスの執行役員ってUKの人だから、レビューも時差があって大変でさ」

― だから何なの。それ自慢のつもり?

同世代の自称ハイスペ男子たちが繰り広げる、「周りに求められる有能なオレ」自慢。そんな自慢を聞くたびに、舞は心の中でこう毒づく癖がついていた。

早稲田大学卒、新卒で外資系メーカーのマーケティング職。

留学経験はないものの、持ち前の真面目さをもって独学でビジネス英語をマスターし、順調にキャリアを重ねて年収は1,200万円。

それでいて華奢で可愛らしい顔立ちの舞は、パッと見は「ザ・モテ女」に見える。

だが、容姿もキャリアも年収も、何もかも手に入れたかのように見える舞にも、唯一のコンプレックスがあった。

それは…男性との交際が、半年以上続いたことがないということだ。

努力家で負けず嫌いなのが災いし、すぐに男性と張り合ってしまう。就職してキャリアを順調に形成してきてからは、その悪いクセはどんどん悪化していた。

― だって、仕方ないじゃない。自分以上に有能な、尊敬できる人でないと付き合えないもの。

そう割り切ってはきたものの、だからといって独身を貫く覚悟ができているわけではない。

― キャリアも年収も同年代の誰よりも負けていない。外見だってかなりいいほうなのに。尊敬できる有能な彼氏さえできれば、私は完璧なのに…。

【アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo