デーティングアプリは、必然に。 Vol.2

「デーティングアプリなんて、私に必要ない」とこだわる女を変えた、ある出来事

2017年、東京での“当たり前”な出会い方。

それはお食事会でも“友人の紹介”でもなく、デーティングアプリだ。

しかしオンライン上での出会いに、抵抗感を示す人は未だ少なくない。今まで難なく自分の生活圏内で恋人を探してきた男女なら、尚更のことだ。

商社で秘書として働く、桃香(30)もその内の一人。

―デーティングアプリって流行っているみたいだけど、私には必要ないわ。

そう思っていたある日のこと、桃香の価値観を揺さぶる、あるできごとが起こる。桃香の友人・亜美がデーティングアプリで出会った男と付き合っていたのだ。


デーティングアプリで彼氏ができた、亜美の本音


「素敵な彼ができて、良かったわね」

ペアーズで彼氏ができたという亜美の報告を、桃香はにっこり笑って祝福してくれた。その言葉に他意はないと信じたい。しかし、桃香はすぐこう続けたのだ。

「でもそういうアプリ、私はちょっと……」

亜美は「やっぱり」と思う気持ちをぐっと堪え、こう返した。

「私も最初は抵抗あったけど、色んな人とデートできるから楽しいわよ」

それは亜美が実際アプリを使ってみての、本音だった。桃香にはきっと響かないだろうけれど。

桃香は大手商社の秘書をやっているだけあり、美人で常に女性らしさを忘れない、亜美にとっては自慢の女友達だ。ただ向上心と正義感が人一倍強く、頑固な性格でもある。

桃香は少し、異性関係に潔癖過ぎるのだ。

男女の出会い方なんて時代とともに変わるし、それをうまく活用していい男性に出会えれば、結果オーライではないだろうか、と亜美は思う。

桃香は、デーティングアプリで彼氏を作ることに強い抵抗があるのだろう。しかしそのプライドこそが、男性を寄せ付けない一番の原因なのだ。

「パスタは、何にしようかしらね…。トマトソースもいいけど…。あ、ペペロンチーノもいいかしら」

亜美の話もそこそこに、桃香はメニューを見始めた。興味のないことへは、驚くほどあっさり見切りをつける。

【デーティングアプリは、必然に。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo