連載を探す

ニュースな女
恋につまずいた日も、仕事がうまくいかなかった日も 東京の街は、いつだってきらめいている だから、明日はなんだかいいことが起こりそうな予感がする 東京に住む女性、約700万人 彼女たちは、時にうつくしく、時には少し狡猾に、この街みたいにいろんな表情を見せてくれる あなたにどこか似ている「私」の物語を、最新のニュースとともにお届けします!
2021.05.28
明日、世界がおわるなら
輝かしい経歴に、人も羨むようなステータス。そして、安定した恋の相手。 「完璧」に彩られた人生を、決して踏み外すことなく、まっすぐに歩いてきた。 …彼と出会うまでは。 地位もない。名誉もない。高収入もない。自由以外に何も持たない男とどうしようもなく激しい恋をした時、 迷う女は、平坦な道と困難な道の、どちらの道を選ぶのか。 もし、明日が世界のおわりの日だとしたら───
2021.05.23
Re婚活
「今度こそ、幸せになりたい」 “離婚”という苦い経験を経て、また恋をして結婚がしたいと願う人たちがいる。 そんな彼らの再婚の条件は、実に明確だ。 「一度目よりも、幸せな結婚!」 それ以上でも、それ以下でもない。 幸せになることを、諦めないバツイチたちの物語。
2021.05.15
World Trend News
ミスリードになる見解やゴシップを排除し、 リーダー層に必要なニュースだけを配信するワールドトレンドニュース。 誰かの意見に染まる前に、さあ、貴方が未来を考えよう!(毎週火曜日~土曜日 朝5時配信)
2021.05.15
マッチングアプリの答えあわせ【Q】
コロナ禍の婚活において、すっかりメジャーとなった出会いの形。それは“マッチングアプリ”だ。 しかし、マッチングアプリでの恋愛や婚活を成功させるのにも、テクニックが必要なのだ。 ―リアルではモテるのに、どうしてアプリでは“いいね!”が貰えない? ―メッセージは盛り上がっていたのに、なんでフェードアウトされた? ―初めての顔合わせの後、どうして二度目に繋がらない…? あなたも抱いたことがあるかもしれない、数々の疑問。その答えあわせを、今ここで。
2021.05.13
マッチングアプリの答えあわせ【A】
コロナ禍の婚活において、すっかりメジャーとなった出会いの形。それは“マッチングアプリ”だ。 しかし、マッチングアプリでの恋愛や婚活を成功させるのにも、テクニックが必要なのだ。 「どうしてアプリでモテないの?」「あの時、何がダメだった?」…その答えあわせを、今ここで。 マッチングアプリを制するものは、2021年の婚活を制すー。
2021.05.13
女といるのが向いてない
女といるのが向いていない、男たち。 彼らは傷つくことを恐れ、恋人と真剣に向き合おうとしない。そして、趣味や生きがいを何よりも大切にしてしまう。 結果、彼女は愛想をつかして離れていってしまうのだ。 「恋愛なんて面倒だし、ひとりでいるのがラク。だからもう誰とも付き合わないし、結婚もしない」 そう言って“一生独身でいること”を選択した、ひとりの男がいた。 これは、女と生きることを諦めた橘 泰平(35)の物語だ。
2021.05.11
東カレ男子の恋愛相談室
女性はいつだって、恋に悩む生き物だ。 気になる男性との関係を深めるために試行錯誤したり、ハイスペックな男性と結婚するためにさまざまな努力をしたり。 だが忘れてはいけないのが、男性心理と女性心理はまったくの別物だということ。 だったらその恋のお悩み、男性に任せてみませんか? 私たちが求めているのは、ハイスペ男性ならではの視点から生まれる、リアルで効果的なアドバイス。これであなたの恋愛も、一歩前進するかも…?
2021.05.05
私たち、出逢わなければよかった
かつて好きだった彼との再会。その思いが再燃してしまった時、人は恋心を抑えることができるのだろうか。 堰を切ったように溢れ出す感情。恋人も家族も敵にまわして貫く恋。 「ねえ。私たち、出逢わなければよかった…?」 安定した未来を捨ててまで燃え上がってしまった、恋の行方とは。
2021.04.28
エナジーバンパイア
知らず知らずのうちに、まるでバンパイアのようにエネルギーを吸い取る女。 人は彼女のことを、こう呼ぶ。「エナジーバンパイアだ」と。 付き合ったら最後、残された者には何も残らない。それでも自分が踏み台にされていることを分かりつつ、彼女に執着してしまう。 気づけばもう、次なるターゲットのもとに行ってしまっているというのに。 …誰か教えてくれないか。あの子を忘れる方法を。
2021.04.27
夫の寵愛
大抵どんな夫婦にも、互いに“秘密”があるものだ しかし、SNSを通じて相手のことを簡単に暴ける時代 あなたは、相手の全てを知りたいと思いますか? 『愛しているからこそ、全てを知りたい』 そう考えた一人の男がいた 愛しすぎることは、罪なのか……?
2021.04.25
乗れるものなら、玉の輿
時代が令和になっても…。 女性の自立や自由恋愛がどんなに叫ばれても…。 「お金より愛が大事」と口ではいくら言っていても…。 「やっぱり、玉の輿に乗りたい」と本音では思っている女は一定数いる。 大手通信会社で働く“玉の輿”狙いの小春(25)と “女なんて金でどうにでもなる”と豪語する会社経営者・恭介(32)との恋愛攻防戦。 軍配はどちらにあがる?
2021.04.24
三宿エリアの隠れ家
大人がほっと出来て、確実においしい店がひしめく街「三宿」。 渋谷と三軒茶屋の間のこのエリアが、昨今、再び注目を集めている。 実際にこのエリアに住む、「東京カレンダー」編集者がリコメンドする名店を紹介しよう!
2021.04.16
男女の賞味期限
あなたはパートナーを、異性として意識し続けられる自信はあるだろうか? 男と女の賞味期限3年説。 それが真実なら、夫婦が永遠に“男女”でいることは難しいだろう。 居心地は良いけど、トキメキがない。 夫婦ってこんなもの?男と女に戻りたい? 男女としての関係が終わりかけた夫婦はその時、どんな決断をするのだろうか。
2021.04.13
奥渋谷エリアの隠れ家
小規模でセンスのいいレストランがひしめく、「奥渋谷」。 そのさりげない小洒落感が、感度の高い大人たちを魅了している。 そんな良店揃いのこのエリアで、リラックスして楽しめる人気店を紹介しよう!
2021.04.10
悪い女
いくら時間と金をかけても、モノにならない。 平気で人を振り回し、嫉妬させ、挙句の果てに裏切る―。 東京には、嵌ったら抜け出せない、まるで底知れぬ沼のような女がいるという。 なぜ男たちは、そんな悪い女にハマってしまうのだろうか…?
2021.04.04
青山エリアの隠れ家
不思議と都内でも指折りの名店が多いのが「青山・日赤通り」。 恵比寿、広尾という人気エリアからも近く、ほどよいひっそり感が魅力だ。 そんなツウな大人が集う街・青山にある、美食の抜け道を紹介しよう!
2021.04.01
ねぇ、いくつに見える?
女は、いくつになっても若く見られたい。 特に自身の年齢にコンプレックスを持つ女たちは、エステやメイク、ファッションやヘアスタイル…。 誰よりも美容に気を使い、若く美しく見せることに必死になる。 おかげで、実年齢をうまくごまかすことはできるけど…。 ―もう本当の年齢は、誰にも告げない。 そう決心したある女がいた。彼女は今日も鏡の前で、こうつぶやく。 「ねぇ。私、いくつに見えますか?」
2021.03.31
愛して、もう一度だけ。
どうしても、忘れられない人がいる 「絶対に、もう一度彼を振り向かせる!」 そんな目標を掲げて… “別れてしまった恋人”との復縁を願い、行動する1人の女がいた これは、元彼との“復縁”に奮闘する、とある女性の軌跡を描いた物語である
2021.03.29
美女の支持率が高い恵比寿鍋
寒い季節に限らず、ヘルシーで見た目も映える鍋は女子が喜ぶ人気の料理。 グルメ女子が集まる恵比寿には、美味しくて付加価値のある鍋が盛りだくさん。 美女が足しげく通う人気店6軒をご紹介。
2021.03.29
港区エリアの隠れ家
東京きっての艶やかな街、港区。 その本当の魅力は、少し離れた路地の隠れ家にこそ潜んでいる。 そこで、お忍び感たっぷりの「港区」の人気店を紹介しよう!
2021.03.26
オトコの棚卸し
コロナ禍、男と女の出会いは減った。 出会いがなければ、結婚も恋愛も始まらない。 時間はお構いなしに進んでいき、女たちは焦るばかり。 ―長谷川七瀬(30歳/独身/彼氏ナシ) 「来年には絶対結婚する!」 そう宣言した女が企てたのは、ニューノーマル時代の新しい婚活のカタチ。 必要なものは「過去の男たちの記憶」、以上。
2021.03.25
東カレ婚活メイク塾
婚活中の皆さん。あなたの魅力、きちんと男性に伝えられていますか? 婚活メイク。それは自分の魅力をよりスムーズに、理想の相手に伝えるテクニック。 メイクの力をほんの少し借りるだけで、相手に伝わる印象がガラリと変わります。これを知れば、婚活が楽しく乗り切れるかも!? 婚活メイクのプロがあなたの悩みを解決します!
2021.03.20
馴染みのECを作れば、家飲みが変わる!
家で過ごす時間が増えた分だけ、お酒の知識も必要になった。 やみくもに近所の酒屋で選ぶなんてもってのほか。 家に居ながら外食レベルのお酒を求めるなら、その道に特化した専門ECサイトしかない。
2021.03.17