連載を探す

マネできる名店パスタ
あの店のカルボナーラや、無性に食べたくなるうにクリームパスタ…。 東京には定番パスタを堂々とスペシャリテに掲げる名店がある。 その美味しさを再確認するため、名店のシェフから、美味しく作るコツを聞いてきた。
2021.08.01
東京SNAP
素敵なお店には、素敵な男女が集まる。 隣に座っている美女は、何者なのか。 美女をエスコートしてきた紳士は、どんな仕事をしているのか。 あなたも、気になったことはないだろうか? そんな疑問を解決するべく、編集部が突撃スナップを敢行してきた!
2021.07.24
恋のカルボナーラ
恋は焦りすぎると、上手くいかないもの。 だから、じっくり時間をかけて相手を知っていくべきなのだ。 結婚に焦り様々な出会いと別れを繰り返す、丸の内OL・萌。 “カルボナーラ”をきっかけに失恋した女は、恋も料理の腕前も上達していく…?
2021.07.20
Uターン女には理由があって
東京で暮らしていれば、受けられる恩恵はたくさんある。 流行りのレストランに、話題のエステ。雑誌に載っている可愛い靴やバッグだって、すぐ手に入る。 ― 東京こそ、私の生きる場所。これからもずっと。 そう思っていたアラサー女は、突然やってきた“転落人生”で、東京を離れることになり…。
2021.07.14
リバーシ~光と闇の攻防~
東京の平凡な女は、夢見ている。 誰かが、自分の隠された才能を見抜き、抜擢してくれる。 誰かが、自分の価値に気がついて、贅沢をさせてくれる。 でも考えてみよう。 どうして男は、あえて「彼女」を選んだのだろう? やがて男の闇に、女の人生はじわじわと侵食されていく。 欲にまみれた男の闇に、ご用心。
2021.07.13
渋谷物語
文化・流行の発信基地であり、日々刻々と変化し続ける渋谷。 渋谷系の隆盛から、ITバブル。さらに再開発を経て現在の姿へ…。 「時代を映す鏡」とも呼ばれるスクランブル交差点には、今日も多くの男女が行き交っている。 これは、変貌し続ける街で生きる“変わらない男と女”の物語だ。
2021.07.08
マテリアル夫婦
お金もステータスも、欲しいモノはなんだって手にいれてきた 物質的には、何不自由ない生活を送る“マテリアル夫婦“ でも、なぜか心は満たされない 唯一お金で買えないものは「子ども」 だったら、子どもをもうければ、もっと幸せになれるはず!? すべてを手に入れたとき、果たして彼らは幸せになれるのか……?
2021.06.18
究極の「コスパ鮨」
利益を追うことはいくらでもできるような上質なクオリティなのに、手の届く価格帯にこだわる鮨店が東京には存在している。 他店よりさらに抑えた値付けの理由はさまざまだが、共通して「食べ手のリアルな目線」を理解していることに間違いない。 そんな懐深き名店をご紹介しよう!
2021.06.17
東カレ読者のリアル
仕事、恋愛、趣味・・全てにおいて順調。 煌びやかなオーラ漂う、東カレユーザーのリアルな私生活ってどんな感じなんだろう? きっと表面だけではわからないこともたくさんの、東カレユーザーのその表の顔をはぎ取り、知られざる生態を調査!
2021.06.12
鮨の名店、自慢の「逸品」
都内の鮨店の中でも、このネタを食べてほしいという「逸品」がある店を厳選。 その店にどうしても行きたくなる、心惹かれる名物メニューをご紹介しよう!
2021.06.10
夫婦、2人。
結婚しても子どもを持たないという選択は、もう特別なものでもない。 “2人”が、家族のかたち。 明るい未来を信じて、そう決断する夫婦も多い。 それでも…悪気のないプレッシャーや、風当たりの強さに、気持ちがかき乱されることがある。 これは、3人の女が「夫婦、2人で生きていく」と決めるまでの、 選択と、葛藤と、幸せの物語。
2021.06.09
その男女、ひと癖あり
「こういう人、いるよね…」 出会いの場に足を運んでいると、たまに遭遇する“ひと癖あり”な人。 だけど、そんな“ちょっと癖ありな言動”には、理由があった!? その真相を探ってみることにした。さて、今週の体験談は…?
2021.06.03
ヤドカリ女子
見た目も仕事も隙がなく、完璧な女。 周囲からは“憧れの的”としてもてはやされるが、そんな人物にこそ、裏の顔がある。…完璧でいるためには、ストレスのはけ口が必要だからだ。 PR会社で多忙を極める28歳の綿谷あんなは、求愛してくるいろんな男のもとを毎晩泊まり歩き、決して自宅に帰らない。 母親の“呪い”に、乱れた生活。そして歪んだ自尊心…。 これは、そんな女が立ち直っていくストーリーだ。
2021.05.31
ニュースな女
恋につまずいた日も、仕事がうまくいかなかった日も 東京の街は、いつだってきらめいている だから、明日はなんだかいいことが起こりそうな予感がする 東京に住む女性、約700万人 彼女たちは、時にうつくしく、時には少し狡猾に、この街みたいにいろんな表情を見せてくれる あなたにどこか似ている「私」の物語を、最新のニュースとともにお届けします!
2021.05.28
明日、世界がおわるなら
輝かしい経歴に、人も羨むようなステータス。そして、安定した恋の相手。 「完璧」に彩られた人生を、決して踏み外すことなく、まっすぐに歩いてきた。 …彼と出会うまでは。 地位もない。名誉もない。高収入もない。自由以外に何も持たない男とどうしようもなく激しい恋をした時、 迷う女は、平坦な道と困難な道の、どちらの道を選ぶのか。 もし、明日が世界のおわりの日だとしたら───
2021.05.23
Re婚活
「今度こそ、幸せになりたい」 “離婚”という苦い経験を経て、また恋をして結婚がしたいと願う人たちがいる。 そんな彼らの再婚の条件は、実に明確だ。 「一度目よりも、幸せな結婚!」 それ以上でも、それ以下でもない。 幸せになることを、諦めないバツイチたちの物語。
2021.05.15
World Trend News
ミスリードになる見解やゴシップを排除し、 リーダー層に必要なニュースだけを配信するワールドトレンドニュース。 誰かの意見に染まる前に、さあ、貴方が未来を考えよう!(毎週火曜日~土曜日 朝5時配信)
2021.05.15
マッチングアプリの答えあわせ【Q】
コロナ禍の婚活において、すっかりメジャーとなった出会いの形。それは“マッチングアプリ”だ。 しかし、マッチングアプリでの恋愛や婚活を成功させるのにも、テクニックが必要なのだ。 ―リアルではモテるのに、どうしてアプリでは“いいね!”が貰えない? ―メッセージは盛り上がっていたのに、なんでフェードアウトされた? ―初めての顔合わせの後、どうして二度目に繋がらない…? あなたも抱いたことがあるかもしれない、数々の疑問。その答えあわせを、今ここで。
2021.05.13
マッチングアプリの答えあわせ【A】
コロナ禍の婚活において、すっかりメジャーとなった出会いの形。それは“マッチングアプリ”だ。 しかし、マッチングアプリでの恋愛や婚活を成功させるのにも、テクニックが必要なのだ。 「どうしてアプリでモテないの?」「あの時、何がダメだった?」…その答えあわせを、今ここで。 マッチングアプリを制するものは、2021年の婚活を制すー。
2021.05.13
女といるのが向いてない
女といるのが向いていない、男たち。 彼らは傷つくことを恐れ、恋人と真剣に向き合おうとしない。そして、趣味や生きがいを何よりも大切にしてしまう。 結果、彼女は愛想をつかして離れていってしまうのだ。 「恋愛なんて面倒だし、ひとりでいるのがラク。だからもう誰とも付き合わないし、結婚もしない」 そう言って“一生独身でいること”を選択した、ひとりの男がいた。 これは、女と生きることを諦めた橘 泰平(35)の物語だ。
2021.05.11
東カレ男子の恋愛相談室
女性はいつだって、恋に悩む生き物だ。 気になる男性との関係を深めるために試行錯誤したり、ハイスペックな男性と結婚するためにさまざまな努力をしたり。 だが忘れてはいけないのが、男性心理と女性心理はまったくの別物だということ。 だったらその恋のお悩み、男性に任せてみませんか? 私たちが求めているのは、ハイスペ男性ならではの視点から生まれる、リアルで効果的なアドバイス。これであなたの恋愛も、一歩前進するかも…?
2021.05.05
私たち、出逢わなければよかった
かつて好きだった彼との再会。その思いが再燃してしまった時、人は恋心を抑えることができるのだろうか。 堰を切ったように溢れ出す感情。恋人も家族も敵にまわして貫く恋。 「ねえ。私たち、出逢わなければよかった…?」 安定した未来を捨ててまで燃え上がってしまった、恋の行方とは。
2021.04.28
エナジーバンパイア
知らず知らずのうちに、まるでバンパイアのようにエネルギーを吸い取る女。 人は彼女のことを、こう呼ぶ。「エナジーバンパイアだ」と。 付き合ったら最後、残された者には何も残らない。それでも自分が踏み台にされていることを分かりつつ、彼女に執着してしまう。 気づけばもう、次なるターゲットのもとに行ってしまっているというのに。 …誰か教えてくれないか。あの子を忘れる方法を。
2021.04.27
夫の寵愛
大抵どんな夫婦にも、互いに“秘密”があるものだ しかし、SNSを通じて相手のことを簡単に暴ける時代 あなたは、相手の全てを知りたいと思いますか? 『愛しているからこそ、全てを知りたい』 そう考えた一人の男がいた 愛しすぎることは、罪なのか……?
2021.04.25