• PR
  • 妥協で始まる恋なんて、恋じゃない。長年の友人関係に終止符を打った夜

    東京に住んでいると、星の数ほど出会いがある。

    そして出会いが多い人ほど、恋に発展する“決定打”を探してしまうものだ。

    モデルをしている小夜子(29)も、その内の一人。長年の友人関係にあった男との関係に、頭を悩ませていた。

    そんなある日、彼女は恭介という男と出会う。


    撮影終わりのモデルたちが、バーで出会った男たち


    「お二人で、飲まれているんですか?」

    小夜子は、早朝からの撮影を終え、モデル仲間のエリカとゼックス代官山の『ザ・バー』で飲んでいた。すると、30代半ばと思われる男性二人組に声をかけられた。

    「一杯、ごちそうさせてもらえませんか?」

    モデルという職業柄、こうして男たちに声をかけられることは、日常茶飯事だ。この誘いを受けるか否か、お互い目配せで相談し合う。

    すると、エリカは口角をきゅっと上げた。今日の男たちは「Yes」だというサインだ。シンプルなシャツの着こなしや腕時計を見れば、エリートサラリーマンだろうと言うことが大方予想がつくのだ。

    「いいんですか?ありがとうございます」

    小夜子が最終ジャッジし、にっこり微笑み返すと、男たちが早速、両隣りに座ってきた。すると、小夜子の隣に座った男から、ふわりと甘い精悍な香りがした。


    ―…いい香りだわ……。


    その男に、思わず鼻を近づけそうになった。男の名前は恭介といって、外資系証券会社勤務らしい。彼は小夜子の目を真っ直ぐ見ながら、軽快に話しかけてきた。

    「今日は、どちらで撮影だったんですか?」
    「九十九里のほうです」

    そう答えると、恭介は笑顔で言った。

    「いいですね。僕はサーフィンをするので、その辺りはよく行きます」

    恭介の肩には綺麗な筋肉がついており、ワイシャツのボタンを上から2つ、外していた。そのセクシーな体つきは、モデルの小夜子が見ても惚れ惚れするほどだ。

    その夜、4人での会話はかなり盛り上がり、気づけば明け方まで話し込んでいた。バーで声をかけられて朝まで話し込むなんて、滅多にないことだ。

    話が面白くて盛り上がる人なんて、たくさんいる。しかしいい香りをまとう恭介の隣にいると、何かに包みこまれているようで心地が良かったのだ。

    恭介のことを「いいな」と思ったものの、小夜子はモデル仲間の亮から告白されたばかりだった。亮とは10年来の友人だったので、その返事を悩んでいたのだ。

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo