エーデルワイフ Vol.2

エーデルワイフ:高貴な妻の教え。疲れ切った指先で、幸運は掴めない

東京の年頃の女たちは、容赦なく選択を迫られる。

結婚する、しない。
子どもを産む、産まない。
働き続ける、働くのをやめる。

2017年の東京を生きる大人の女性が、悔いなき人生を歩むために身につけるべき「品格」とは?

30歳で婚約破棄。未来に絶望した千晶は、導かれるようにして、ナンタケットバスケット教室「エーデルワイス」を主宰する高貴な妻、白鳥雪乃と出会う。

千晶は、謎めいた彼女に「エーデルワイフ」とあだ名をつけ、その高貴な佇まいを観察し始める。


見なきゃいいのに…


見なきゃいいのに、見てしまう。

女というのはどうして、他人の幸せを覗き見るのをやめられないのだろう。

傷口に塩を塗るとわかっているのに、立花千晶はある女のインスタグラムを、つい見てしまった。

ある女とは、ついさっきナンタケットバスケット教室「エーデルワイス」で出会った、柳沢結衣のことだ。

彼女の左手薬指には大粒のダイヤが光っていて、「一度も働いたことがない」という驚愕の発言から、結衣が特に恵まれた環境にある専業主婦だ、ということはわかっていた。

そして想像通り、インスタグラムに投稿される彼女の日常は、絵に描いたような幸せそのものなのだった。

ナンタケットバスケット教室をはじめ、フレッシュフラワーのアレンジメントクラスやおもてなし料理のお稽古に通う様子。

日常のワンシーンの奥に垣間見える広いリビングと、漂う幸福感。

ミニブーケや、ケーキの写真に添えられた #旦那様に感謝 や #優しい旦那様 などのハッシュタグ。

しかし規則正しく並ぶ正方形の写真はどれも、競うように「幸せ」を主張していて、どうしてだろう...息苦しい。

心に浮かぶ“違和感”は、30歳で婚約破棄された女の、ただの妬みなのだろうか。

千晶はため息をつき、画面をスクロールする手を止める。そしてその指を無機質に見つめた。

自爪のままの指先はひどく疲れていて、気分が滅入る。

【エーデルワイフ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo