赤坂の夜は更けて Vol.8

赤坂の夜は更けて:移ろいゆく女心を察した、41歳男の凄まじい絶望感

夜更けの赤坂で、男はいつも考える。

大切なものができると、なぜこんなに怖くなるのだろう。

僕はいつも同じところで立ち止まり、苦しみ、前を向こうとして、またつまずく。

41歳、テレビ局のプロデューサーである井上は、ひとりの女と出会う。

彼女の名前はハナ、29歳。ひと回りも年下の女だった。

井上の家に来たにも関わらず突然の呼び出しで帰ってしまったハナ。井上は何を思う?


土曜の朝6時。

ベッドから起き出すと、井上は首にかすかな異変を感じた。どうやら寝違えたらしい。40代になり、少し無理をすると体がすぐに不調を訴えるようになった。

昨夜の25時過ぎ、打ち上げ終わりのハナに呼び出され、仕事を抜けだして家に帰った。しかし会って30分もしないうち......


【赤坂の夜は更けて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo