高垣麗子の美チャージディナー Vol.49

あの美人モデルが激選する「私の愛する東京の蕎麦ベスト3」

高垣 麗子
curated by
高垣 麗子

グルメとして名高い、人気モデル高垣麗子さん。彼女のご贔屓を紹介してきたこの連載も今回で最終回! 最後は、高垣さんが大好きだというお蕎麦でしめくくります!

店主のルーツである蕎麦でさっぱりと締める江戸前天ぷら
『日本橋 蕎ノ字』

人形町

「お蕎麦は昔から大好き!最近のお気に入りは、『蕎ノ字』さんです。天ぷら屋さんなのですが、コースの〆のお蕎麦がすごく美味しいの! 甘みがあって、細切りなのにコシもしっかり。おなかいっぱいのはずなのにおかわりしたいほどでした」

静岡県島田市で16年営業していた天ぷら屋が、江戸前天ぷらの本場、日本橋へお引っ越し。「一度、東京で勝負してみたかったんです」と店主は語る。

野菜はすべて静岡産で、魚介も駿河湾の取れたてと故郷の食材にこだわり提供している。

江戸前の天ぷらでは、天丼で〆るのが主流だが、店主の実家が蕎麦屋であることから、自然な流れで〆は蕎麦に。栃木は益子の二八蕎麦を提供している。歯切れの良さが特徴だ。メニューは天ぷらのコースのみ。昼は¥3,800、夜は¥6,900と¥8,900で提供。

人気の海老はカリッとした殻の食感と、ちょうど良く火入れされた身の柔らかさが印象的。天ぷらのコースが終了したあとは、アラカルトでの注文も可能だ。

全8席でカウンターのみ。店主が目の前で揚げる天ぷらを食すことができる。〆で提供される蕎麦はキリッと冷え、口内をさっぱりとさせてくれる。

【高垣麗子の美チャージディナー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo