先週のアクセスランキング!1位は「東京マザー:仲良し夫婦のはずが。育休明けに生じた、夫婦関係の亀裂」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“東京マザー”に“恋人と破局を選んだ独身貴族の本音”から“それも1つのLOVE”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
東京マザー:仲良し夫婦のはずが。育休明けに生じた、夫婦関係の亀裂

いつも穏やかで、柔らかな笑みを絶やさない佳乃。彼女は結婚する前も結婚した後も変わることなく、いつも紀之を豊な愛情で満たしてくれる。こんな特別な日常が、これから先もずっと続いていくのだと思っていた。

佳乃が復職するまでは……

続きはこちら

★第2位
東京・ホテルストーリー:20代が、永遠に続くと思ってた。都会を謳歌した女の野心

永遠に続くかのように思われた充実の20代に終わりの予感を感じたのは、27歳のとき、学生時代からの友人である優子から結婚報告をうけたときだった。

「隆之さんに、プロポーズされたの」

続きはこちら

★第3位
男は、結婚しない=“楽”なの?心許した恋人と破局を選んだ独身貴族の本音

―また1人でいる......。

英里と別れてからの吾郎は、以前にも増して益々“こじらせて”いる。元々少なかった人付き合いはさらに減少したし、毎晩遅くまで仕事に没頭し、休日は貪るように大量の本を読み、ジムで身体を鍛えてばかりいるようだ。

それを「真面目」の一言で片づけてしまえば楽なのかも知れないが、そんなストイックな生活を送る吾郎が、瑠璃子にとっては不健康に見えて仕方がない。

続きはこちら

★第4位
好きな女性に嫌われたくない。スタンプで「察して」ほしい男心:LINEの答えあわせ【Q】

彼氏とどうなったのか聞きたいが、ダイレクトに聞くのも気がひける。そうかと言ってこのまま連絡が来ず、距離が空くのも嫌だ。

—そうだ、こんな時に便利なのが、スタンプだ。

文章にすると聞きにくいことも、スタンプだと躊躇なく聞ける。また、会話のキッカケとして、スタンプを一つ送るのも悪くない。二人で会ってからちょうど一週間後、“彼とどうなった?”という意味を込めてスタンプを送った。

続きはこちら

★第5位
それも1つのLOVE:ようやく手に入れた高嶺の花は、近くで見るとキレイじゃなかった?

「どうして、私を誘ったの…?」

―どうして?

奈々にそう聞かれ、理由などないことに気づく。彼女と過ごす時間は、芝生に寝転がって木漏れ日を感じるような心地良さがある。彼女に会うと翔平は、消耗しきった心が治癒されていくような、そんな気がするのだった。

続きはこちら

クリ2DY詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo