はしご酒の聖地が爆誕!『ほぼ新宿のれん街』で仲間と飲んだら楽しすぎた!

タイの屋台の味と雰囲気を再現!
『炭火焼アジアン酒場 アローイ兄弟』

タイ、ベトナムなどのアジア料理を、現地の雰囲気漂う店内で楽しめる。本場の味を再現すべく炭火を導入し、タイの調味料でコクを出した鶏の炭火焼が名物。ひとり客でもつまみやすいメニューもそろう。

骨付きガイヤーン(鶏の炭火焼)は¥980(写真は2人前)。ぴりりと辛い味付けにビールがすすむ!アジアのビールは14種類(¥630~)を用意。

3日間かけて仕込む「とりかわ」が名物!
『神鶏』

こだわりの鶏料理が食べられるお店。熟練した焼き師が時間と手間をかけて焼く焼き鳥や、1人前から頼める水炊き、鶏の半身揚げなどの鶏料理を、天井が高い開放的な店内で味わえる。立呑みスペースもあり、気軽に飲めるのも嬉しい。

この店の一押しは博多名物「とりかわ」!独自の方法で鶏皮を串に巻きつけ、3日間(!)、計7回焼きと寝かせるを繰り返して丁寧に焼きあげる「とりかわ」(1本¥138)は関東圏ではなかなかお目にかかれない一品。これに合わせるなら、日本酒にライムが爽やかなサムライロック(¥486)がオススメ!

いろいろな貝の食べ比べが楽しい!
『貝焼酒場 カイフォルニア』

北海道苫小牧産の北寄魚醤で味わう産地直送の貝を、陽気な雰囲気で味わえる。

色々な貝が食べ比べできる、グラム売りがお得でおすすめ。500g¥1,069、1,000g¥2,138、1,500g¥3,207と選べる。このほか、好きな貝を種類別にも頼める。

焼きたての貝や海鮮には、キンキンに凍らせた焼酎で作る「凍結レモンサワー」(¥539)がおすすめ。シャリシャリとした食感が最高!

とろとろのモツとワインの相性抜群
『もつ焼とワイン★キャプテン』

西新宿『丸鶏 るいすけ』のオーナーが、モツとワインの相性の良さに惚れ込み、開いたのがこのお店。名物のカレーもつ煮込み(¥450)は甘めな味と、トロトロの食感で、これが赤ワインとよく合う。広島産TOMOEメルローなど店主厳選の国産ワインと合わせたい。

名物のカレーもつ煮込み(¥450)のほかにも、20種類以上のもつ焼はほぼ¥150で楽しめ、5点盛¥700もお得。ワインも常時60 種類ほどが用意されている。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

月刊誌「東京カレンダー6月号」は怒涛の「新宿特集」!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo