三越伊勢丹社員のガチの飲み会に潜入!日本一の繁華街の隠れた名店はここだった!

新宿のことは新宿で働く人に聞くのが一番!ということで、新宿といえば!の『三越伊勢丹』で働く皆さんに「本当は教えたくない良店」を聞いてみた。

左から時計回りに佐藤さん、井波さん、金子さん。料理の香りや味を引き立てる、すっきりとした味わいの「寳劔」(¥3,500)で乾杯

【1軒目】穴場店で本格和食を堪能!夜は仲間とゆっくり語らう
『広島料理 安芸』

まだ、空気がひんやりと冷たい2月某日の夜。東カレ班は、三越伊勢丹で働く皆さんと待ち合わせをしていた。指定された場所は、新宿2丁目にある『安芸』。2丁目といえば言わずと知れた歓楽街。

金子さんから「いい和食屋がある」と伺い、向かったものの、内心は不安だった。新宿2丁目に、本当にいい店があるのだろうか?

だが、店に近付き外観を目にした途端、その不安は吹き飛んだ。主張しすぎず、ひっそりと上品に佇む外観。まさか、こんな騒がしいエリアに名店が隠れていたなんて!

「仕事が忙しく、自ら店を開拓するというのは難しくて。だから、先輩におすすめのお店を聞いて足を運ぶことが多いですね。紹介されて美味しい店は皆が通うようになるので、店に弊社の社員ばかりなんてこともあります」(金子さん)。

「白身には絶対の自信があります」と店主こだわりのお造りは平目、イサキ、マグロの3品(¥1,000~)

『安芸』は三越伊勢丹スタッフがこぞって通う御用達なのだとか。産地直送の旬な魚を使った料理が自慢の和食店は、ランチタイムには鯖の味噌煮やカレイの煮付けなどの定食が大人気で行列ができるほど。「僕もランチでお伺いすることが多いですね」と金子さん。

北海道襟裳産のキンキの煮付け(¥1,500)。さらりとした煮汁と脂の乗った味は絶品

夜は昼の賑わいとうって変わって落ち着いた雰囲気。店主の目利きに適った魚料理を堪能できる、割烹料理店へと姿を変える。本格的な和食のコースは¥5,500~というリーズナブルな価格で楽しめる。

「夜の雰囲気はまた格別ですね。大人のお客さまばかりなので、落ち着いて食事を楽しめます。ゆっくり美味しいものを食べたい夜におすすめです」(井波さん)。

タコと筍の煮物(コースの一例)は優しく上品な味わい。柔らかなタコと、筍のコリッとした食感のコントラストも楽しい。

蛤のお吸い物(コースの一例)は、蛤の旨みが堪能できる一品。程よい塩加減が、体に沁み入る味わい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo