大人の目黒 Vol.8

帰り道に目黒で旨いご飯を食べるならここ!あのコスパ最強和食の新店が間違いない!

今日も1日がんばった帰り道、なんか美味しい和食ごはんを食べて帰りたい…。そんな気分にぴったりの新店がこちら!

目黒の予約困難な繁盛店『和創作 太(た)』と2号店の『和創作 酔太(よった)』。それに続く3店舗目がまたもや目黒にオープン!

既に予約困難になりつつある新店、早めのチェックをおススメする。

和と洋を融合したコースは6品で4,500円

今年に入ってじわじわと人気を増している、目黒エリア。そんな目黒にある、グルメな大人なら一度は訪れたことがあるだろう超人気店の『和創作 太(た)』と姉妹店の『和創作 酔太(よった)』。

クオリティの高い料理が驚きのコスパで楽しめるとあって、連日予約でいっぱいの和食店だ。その人気店に待望の3店舗目がオープン。その名も、『食楽 太太太 (ショクラク タタタ)』。

帆立のすり身の中にはチーズが隠れている。青のりのソースでいただく。

メニューは、6品4,500円のコースのみ。その日仕入れた旬な食材を使って作るのは和食中心なのだけれども、メインに洋食の要素を加えた斬新な構成。1番出汁をベースに、調理法や食材、盛り付けには洋の要素を取り入れ、和と洋の融合を表現している。

さて、早速気になる料理を紹介しよう!先付は、帆立のすり身にチーズを合わせ、青のりのソースをかけた一品。

前菜は5種類を盛り合わせで。お酒が進むラインナップだ。

続く前菜は、ズワイガニの出汁巻き、芽キャベツのお浸し、蛍烏賊とタラの芽の天ぷら、鶏と大根おろし、よもぎ田楽の5種類が盛り合わせで楽しめる。

一見シンプルな料理に見えるが細部まで拘って丁寧に仕上げられ、早速和と洋の融合を感じられる。

お造りは、メジマグロ、黒ムツの炙り、平目

お造りは、メジマグロ、黒ムツの炙り、平目の3種盛り合わせ。新鮮な魚はもちろんだが、器にも注目して欲しい。

こちらのお店の器は、陶芸家が一枚一枚丁寧に作ったお皿を使用し、盛り付けにも拘っている。

「蛤のクラムチャウダー」は菜の花を添えて、春を先取りした一品

和食のコースではなかなか出会えない、「蛤のクラムチャウダー」。

蛤の出汁がしっかり浸みた濃厚なスープに映えるのは、鮮やかな菜の花。春を感じる一皿だ。

メインの肉料理はボリューム満点の「国産豚ホホ肉の赤ワイン煮込み」

メインは魚料理か肉料理のどちらかを選ぶスタイルで、大皿で提供される。この日の肉料理は、「国産豚ホホ肉の赤ワイン煮込み」。

お箸を入れるとホロホロと崩れてしまう程に柔らかく煮込まれた豚肉と赤ワインソースの味がしっかり染みたマッシュルーム。さりげなくかかったチーズはコクをプラスしてくれる。

添えてあるグリル野菜もボリューム満点で、これで2人分というのだから驚きだ……。

筍がたっぷり入った〆の土鍋ごはんはお腹の具合に合わせて量を調節できる

メインの後は〆のご飯がスタンバイ。

大きな土鍋で炊き上げた「筍ごはん」は、大き目にカットされた筍がゴロゴロ入った贅沢な〆飯。

普通か少な目を選べるから女性も嬉しい。

【大人の目黒】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo