一人あたり¥5,000の予算と言われたら焼鳥がイイ! 安くて、美味い最新焼鳥店7選

手前からせせり、手羽先、レバー

串打ちのひと手間、ひと技が斬新な食感を生む
『七鳥目』

広尾

代官山『こけぴよ』出身の川名直樹氏が、2016年10月に開店。早くも人気店に。料理の道の出発点は和食。数々の焼鳥屋を食べ歩き研究を重ね、和食の技法を用いながら「型にはまらない」串打ちに辿り着いたという。

ももは身と皮を分け、余分な脂を取り除いてから巻き直し、手羽先は骨を抜いて食べやすく、レバーは低温で火入れしてしっとりクリーミーな口どけに。そのひと手間が、水郷赤鶏特有の歯触りや旨みを最大限に引き出している。注文はコースのみで、松風地鶏の刺身なども味わえる。

せせりは身の厚みを手のひらで確認しながら、折りたたむように打つ。厚みを順に変えることで、噛んだ瞬間の食感が楽しく旨みがぎゅっと溢れ出る

ひと口目が大きく、徐々に小さく扇状に。見た目も美しく

火入れは低温でじっくりと

個室もあり。丁寧な盛り付けや器選びにもこだわる

手前から人気のもも¥150、ももや鶏皮の脂、軟骨を粗ミンチしたつくね¥200、歯ざわりがよい砂肝¥150

酒場価格ながら味とこだわりは本格派
『新宿ニューれば屋』

新宿

人形町『鳥波多゛』の姉妹店『れば屋』の新店。「銘柄よりも鮮度と状態の良さにこだわり、美味しいものを安く」と朝〆国産鶏を手頃な価格で提供する。部位は20種以上を揃え、あずき(鶏の脾臓)や牛のシャトーブリアンに相当するおびなど、希少部位が多いのも魅力。

5種の竹串を使い分け、なかでも個性を放つのがももの串打ちだ。あえて大きな塊で焼き、がぶりと喰らうことで脂ノリや歯ごたえを十分に楽しめる。一辺倒ではいかない『れば屋』の焼鳥をお愉しみあれ。

ももは焼きやすく持ちやすい鉄砲串を使用。手のひらで支えながら、皮がピンと張るように皮の端と端を打つ

皮目はパリッと香ばしく身はふっくらジューシー。塊肉ならではの旨みがたっぷり

炭火の直焼きと網を使い分ける

カジュアルな店内。日本酒やワインも豊富

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo