しっとりチャーシューはラーメン店だからなせる技! わざわざ足を運ぶべき肉麺6選

curated by
田辺 晋太郎

バオ特製蒸し麺 ¥1,280

味つけセンスも素晴らしい。酒のつまみになる麺
『MOGOLIAN CHINESE BAO』

新橋

内モンゴル出身の店主・バオさんが腕を振るうモンゴル料理の店。お店のある通りを曲がると、ふわっと漂ってくるマトンの香りが目印。肉質が柔らかく、クセが少なく食べやすいラム(子羊)に対し、マトン(大人の羊)は脂が乗って風味もやや強くなる。

この店ではモンゴルの郷土料理をアレンジしたマトン肉の料理が大人気。そのひとつが、田辺さんもどハマリするマトン肉が入った蒸し麺だ。じゃがいもやトマトの入った羊出汁のスープに、塩で茹でたマトン肉と一緒に自家製の麺を蒸したオリジナル料理。

平たい麺が野菜の出汁とマトンの香りを吸い込んで、溶けたじゃがいもが麺に絡まり独特の旨みと食感が後を引く美味しさだ。骨付き羊肉も名物!

羊の塩ゆでのスープを使用。マトンの旨みが存分に出たスープをたっぷり入れ、水分がなくなるまで炒める

赤を基調にした店内は、ついつい飲み過ぎてしまうと評判。奥には個室もあり

バーボンランチ ¥1,080

旨み凝縮のハンバーグとソースが麺を包む!
『バーボン』

上町

世田谷線沿線のボロ市通りにある、創業37年の洋食店。地元の住民をはじめ、遠方から訪れる人も珍しくない洋食ファンおなじみの場所だ。ハンバーグ、ポークカツ、カレー、パスタなど、ザ・洋食なメニューが豊富に揃い、そのほとんどに“バーボンのタレ”という、しょうゆベースの秘伝のソースがアレンジされている。この隠し味に胃袋を掴まれる客が後を絶たない。

実家が近所で十数年通っているという田辺さんの推し肉麺は、ランチタイム限定の「バーボンランチ」。ボリュームたっぷりのミートソーススパゲッティーの上に、デミグラソースのハンバーグ160gと目玉焼きがのった食べ応え抜群のひと皿。肉麺×肉のコラボは、ぜひお腹を空かせて挑みたい。

手仕込みのハンバーグはバーボンの人気メニュー。ジューシーなお肉にソースをたっぷりつけて豪快にいただこう

昼時から近隣住民や働く人でいっぱい。わざわざ足を運ぶ価値のある、希有なお店

月刊誌「東京カレンダー4月号」は渾身の肉特集!


本記事で紹介したような、必食の肉料理がなんと103皿!最新・肉トレンドのすべてが1冊に詰まった東京カレンダー2017年4月号は絶賛発売中です!

気になった方は今すぐこちらから!

※断然お得な定期購読プラン開始!なんと3号連続で半額!!その後も20%OFFでご提供!!!
※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo