Age,32 年収上がらなくて。 Vol.5

コンマ1秒でも早く動け!転職面接で、外資系のスピードに敗北感を覚えた男

―年収が、上がらない。

薄々と気付いていた、サラリーマンの年収の限界。

大手広告代理店勤務の貴一(32)が改めてそれを実感したのは、入社10年目の1月、源泉徴収票を見た時だった。

今のところ、俺の年収は緩やかな上昇曲線を描いているが、その上を目指すならば、出世競争という名の我慢比べゲームに参加するしかない。

…俺の人生は、こうやって終わっていくのだろうか?

貴一の転職活動は、こうして幕を開けた。

転職活動を始めた貴一。外資系企業に特化したエージェント「S&P」の吉岡美智子や、元同期・雅彦からの話で外資コンサルへの志望を強める貴一だったが…?


「大変だけど、成長速度はあの頃の比じゃない。めちゃめちゃ辛いけど、楽しいよ」

外資コンサルに転職した元同期の話は、考えさせられるものがあった。

成長、なんて意識高い奴らが言うことのような気がして何だかむず痒いが、素直にその言葉を口にできる雅彦に、正直嫉妬した。それまで抱えていた焦燥感を、はっきりと肌で感じたからだろう。

その後、吉岡美智子も驚くスピードで履歴書と職務経歴書を書きあげた。自分の仕事を分かりやすく、かつ実績をアピールするのはなかなか難しい。吉岡美智子から「ここはこう言い替えて」と何度も突っ込みを受けながら、ようやく完成した。

その甲斐あって、書類選考は通過。一次、二次面接も無事にパスした。

5、6回面接があるという可能性も聞いていたため、ますます気が引き締まる。徐々に見えてきた、次の人生のステージ。

―大企業の経営者たちにも物怖じしない、一流のコンサルタント。

ここまで来たら、何が何でも内定を勝ち取りたい。その思いは、日に日に強くなった。

【Age,32 年収上がらなくて。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo