六本木で旨い日本酒をお得に!2,500円で絶品日本酒が飲み放題!

30歳を過ぎたら、そろそろ日本酒のたしなみを覚えて大人の階段を登りたいもの。

日本各地の美味しい日本酒をフリーフロー(飲み放題)で堪能しつつ、目の前の七輪でちびちびと炙りを自分好みに楽しめる「旬 THE XUN ROPPONGI」は、そんな想いに応えてくれる新店である。

2016年の11月に六本木の西麻布交差点近くにオープンしたばかりだが、早くも日本酒好きの間で話題になっている。

「日本酒のフリーフロー(飲み放題)が2,500円」と聞くだけで酒好きなら「おっ!」と身を乗り出してしまうところだが、さらにそのラインアップは全国の「純米酒」に限られているというから一大事。

各都道府県の純米酒が、100mlの透明グラスで何杯でも飲めるとは。しかも日本酒初心者でも気軽にオーダーしやすいようにと「獺祭」や「鍋島」、「日高見」など有名銘柄は一通り揃えている。

特に「獺祭」は全種類を取り揃えているという熱の入れよう。多くの酒好きの心を捉えて離さないわけである。フリーフローを頼んだ人は、平均で5杯ほど、多いお客なら10杯以上を飲んで帰る。早速、料理と、それに合う日本酒ペアリングをご紹介しよう。(※日本酒のラインアップは季節や日によって変更する)

「炙りのお通し」(500円〜。炙りの点数による)

絶品のつまみも、いいアテになり日本酒が進む

お通しには「炙り」が登場。日本酒のグラスにチョビチョビ口をつけながら、1グループに1つ用意される目の前の七輪で、好きなタイミングで焼くのはなかなかオツなもの。

写真は左から「きびなごの干物」「自家製鴨のスモーク」「長芋のゆかり漬け」。特に、桜のチップでスモークした鴨のスモークは板長こだわりの品だ。

料理は、日本酒と一緒に食べてこそ輝くメニューばかり。「和牛赤身肉のカルパッチョ 雲丹とこだわりの温泉卵で」(1,280円)。

最初の乾杯にオススメの日本酒は、「発泡にごり酒 獺祭スパークリング50」。女性でも、まるでシャンパンを飲んでいるような甘さと泡感、フルーティーな香りで「日本酒、思ったよりイケるかも!」と思わせてくれる一杯だ。微発泡だから、お腹にたまらない点も乾杯にぴったり。

この獺祭スパークリングによく合う料理が「和牛赤身肉のカルパッチョ」。低温調理した和牛の上には「こだわり家族のこだわり卵」というブランド温泉卵がぷるるんと鎮座する。

通常の卵に比べて卵黄のビタミンは30倍という触れ込みで、伊勢神宮にも奉納されているもの。ツンと箸で破くと、トロ〜リ黄身がカルパッチョを優しく包むのであった。日本酒を飲んでいるのに、なんだかフレンチを食べているような心持ちになる。

「蟹の甲羅焼き」

酒のつまみにぴったりの「蟹の甲羅焼き」は、たっぷりの蟹味噌のみを純米大吟醸であえたもの。味付け用の調味料を一切使っておらず、蟹の旨みがこれでもかと凝縮されている。

これに合うペアリングは何かと問われれば、それは濃厚な蟹味噌に打ち負かされない強めの日本酒のみ。キリツと濃い山廃独特の飲み味の「天狗舞 山廃純米」がぴったりだ。

仕込みの際に雑菌による汚染を防ぐための既成の乳酸を加えず、自然の乳酸菌を使って低温でじっくり乳酸発酵させることで、イキイキした酵母だけが生き残る昔ながら手法“山廃造り”で産み出された。飲むと体がポッポとアツくなるので、ぜひ宴の後半にじっくりと味わってほしい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo