フォックス・アンブレラの男 Vol.7

「どうしても、30歳までに結婚したかった。」結婚願望のない男を見捨てる女たち

たかが、傘1本。されど、傘1本。

その傘に、男の哲学が宿る。

英国製の紳士淑女のための傘、フォックス・アンブレラ。英国王室御用達で約150年の伝統を持つ、細く巻け、開けている時も美しい、細身傘の代名詞だ。

そんなフォックス・アンブレラを愛する男、克典42歳。傘から垣間見える人間性と、そこで繰り広げられる人間模様。ミステリアスな克典を、傘を通じて様々な女性が振り返る。

これまでに、年上の上司・克典に恋をした紗弥加、克典が昔恋をした年上の綺麗なお姉さん梨香子、20代前半の頃の克典の恋人・美沙を紹介した。今回の語り手は、克典の元恋人で結婚願望が強かった亜美。


女の幸せは、結婚することじゃないんですか?


克典とは、計3年間一緒にいました。大好きでしたね。

私、昔から結婚願望が本当に強くて。28歳になる頃には結婚して、子供も一人くらいはいるんだろうなぁって、小さい頃からぼんやりと思い描いていました。克典と出会ったのは27歳の時で、彼こそ運命の人だと信じていました。

最初の1、2年は一緒にいられるだけで良かったのですが、いつまで経っても向こうから結婚の話が出てこなくて。

—結婚するつもりがない男と、この先一緒にいても意味がないー

そう思ったんです。女性って、二手に分かれませんか?どうしても結婚したい女と、結婚願望がないと言ってキャリアに走る女。(キャリアに走っている女性は、自分に酔いしれているだけで、心の底では結婚したいと叫んでいると思いますが。)

それはさて置き、私の人生のゴールは“結婚すること”でした。結婚して家庭を築き、旦那の稼ぎで幸せに暮らすこと。だって、それが女の幸せじゃないですか?

【フォックス・アンブレラの男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo