東カレ読者のベストデート Vol.6

気づいたら、弱音吐いてた。安心して心を許せた、初デートがベストデート

今夜のデート先は、お決まりですか?

大好きなあの人の笑顔が見たい!しかし…。

「どこに行ったらいいのだろう?」
「何をしたら喜んでくれる?」

そう悩む東カレ読者も多いのでは?

今回、数多の経験を経て恋愛達人と名高い東京カレンダー読者の男女に、ずっと忘れられない思い出の「ベストデート」を取材した。是非デートの参考にしてほしい。


傷心の男が連絡したのは、気の置けない女友だち


「デート中、女の子は何もしなくていい。傍にいてくれるだけでいいって思ってます。」

何というジェントルマン…!!

今回、取材したのは広告代理店勤務の哲也、35歳。仕事も遊びも常に全力投球だという彼は、女性とのデートにもその性格がよく現れている。

店選びはもちろん、女性を楽しませるトークやお会計まで、「女性が喜んでくれる顔を見るのが1番」と語る。

そんな彼だが、つい最近1年ほど付き合っていた彼女と別れてしまったという。原因は結婚観の違い。結婚を焦る彼女との間に、どんどん距離ができてしまったらしい。

「彼女がすごくヒステリックになって、僕を責めるようになってきて…。もうついていけなくなりました。」

フリーになった彼は、ふと思い立って大学時代の女友達に連絡した。

「友人の期間が長くて、いつも皆で飲むうちの1人。2人で飲んだことはなかったのですが、話しやすい子なので連絡してみたんです。新しい子とデートする気力も湧かなかったし…。可愛い訳じゃないけど、仲間内ではモテると評判の子でした。」

久しぶりに会う約束をし、日程を調整。しかしデート当日、まさかのハプニングが起きる。

【東カレ読者のベストデート】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo