エビージョ! Vol.12

パネライ80万円 vs フランク・ミュラー450万円。小賢しいエビージョは時計で男を測る

そのブランド力に惹かれ、多少背伸びをしてでもセルフ・ブランディングのために恵比寿に住む女性がいる。

恵比寿に生息する恵比寿女子、通称、“エビージョ”。

一見華やかに見える彼女たちには、窺い知れない裏の顔がある。

そんな典型的なエビージョであるマナミは、年収1,000万円のテレビマン・裕太を巡り、目黒女子・早希と戦ったが、結局裕太に遊ばれていたことが分かった。そんな中、全く興味のなかった俊明の経済力を知り、結婚を夢見るが...


世の中には勝てる男と勝てない男がいる


—マナミちゃん、何してる?会いたいよー

裕太から来たLINEは直ぐに開封できず、携帯の画面を暫く見つめていた。正直に言うと、開封できなかったのではない。直ぐに開封すると、まるでずっと連絡を待っていたように思われそうで、わざと放置していた。

—あんなチャラ男、こっちから願い下げだ!—

そう思いながらも、つい裕太のことを考えていた自分がいたのも事実だ。目黒女子・早希に色目を使いながら、結局それとは別に本命の彼女がいた裕太。そんな人を相手にしているほど、28歳に余裕はない。

LINEの既読にしないよう最善の注意を払いながら、トップ画面をタップして裕太の文章を何度も読み返す。返信すべきかしないべきか...恋愛マニュアル本には“返信しない方が男は燃える”と書いてあった。


—裕太では、楓に勝てないのに。—


それは分かっている。そして恋愛マニュアルを無視しても、つい返信をしてしまう自分がいた。

【エビージョ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo