マリッジブルー、29歳 Vol.6

結婚に恋愛感情なんて必要ない!マリッジブルー中に浮気した女の、無残な恋の結末

結婚。

それは多くの20代、30代の人々にとって関心の高い出来事の一つだ。

しかし結婚したいと心から望んでも、いざそれが実現しそうになると、直前で怯む人は多い。

「本当にこの人でいいの?」と考えたり、相手の家族とうまくいかなかったり、結婚式の準備で揉めるカップルも多い。

そう、それが世に言う“マリッジブルー”。

マリッジブルーにハマってそのまま抜け出せない人、無事結婚まで辿りついた人さまざまだが、29歳という節目でマリッジブルーに陥った人たちに焦点を当てる。

これまで登場したのは、結婚に不信感を抱く大病院の跡取り息子、損保OLの真実など。今回登場するのは…?


一見地味に見える女の大胆な告白とは?


舞子、29歳。生命保険会社でエリア職として働いています。

中高一貫の女子校から付属の女子大に上がって、そのまま就職。女子大の中には派手に遊ぶような子もいたけれど、私はどちらかと言えば地味なグループにいました。

でもたまにいますよね?地味なグループにいながら、派手な子とも交流がある女。私は、その典型でした。

自分の身の丈は分かっていましたが、誘われればそういう子とも遊ぶようにしていました。だってやっぱり、華やかな子たちといる方が楽しいですから。

顔は、中の上…いや中の中の上くらい。きっと、華やかで美人な人たちからしたら、格下の私は使い勝手が良かったんでしょう。その子たちにたまに誘われる食事会やパーティーに顔を出して、「普通より少し上」の自尊心を満たす、そんなつまらない女です。

とは言っても、恋愛に関しては至って真面目なつもり。

今付き合っている彼と、来年の2月に入籍予定です。でも、最後の独身生活を満喫し過ぎてしまったかもしれません。

【マリッジブルー、29歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo