フォックス・アンブレラの男 Vol.4

店に傘を忘れたことがきっかけで。深みにハマる、男女の仲

たかが、傘1本。されど、傘1本。

その傘に、男の哲学が宿る。

英国製の紳士淑女のための傘、フォックス・アンブレラ。英国王室御用達で約150年の伝統を持つ、細く巻け、開けている時も美しい、細身傘の代名詞だ。

そんなフォックス・アンブレラを愛する男、克典42歳。傘から垣間見える人間性と、そこで繰り広げられる人間模様。ミステリアスな克典を、傘を通じて様々な女性が振り返る。

これまでに、数回デートを重ねたものの、突然連絡が取れなくなった聖子、克典の会社の元後輩・紗弥香、克典が25歳の時に付き合った年上の彼女・梨香子を紹介した。今回の語り手は...


いつも独りぼっちでカウンターに座るお客様


克典さんが私のお店にお見えになったのは、1年くらい前でした。ある日突然、お一人でいらしたのが最初だったと思います。

克典さんのお店での過ごし方ですか?

軽いつまみ系を頼んだ後、ひたすらウィスキーをシングル・ロックで。毎回、お見えになるのはお一人で、お連れ様を連れてこられたことは、たった一度だけでした。

お店は代官山にあるんですけど、すごく小さくて、小料理店のような、バーのようなお店です。でも美味しいお酒が飲めて落ち着ける場所、とよく言って頂ける、常連さんに愛されているお店なんですよ。

克典さんは、最初はただの、お客様の一人でした。

寡黙な方だな、という印象です。いつも一人で、何か考えごとをしているような、悲しそうな目をしていて。特に夜はお店の照明を少し落としているので、克典さんが更に孤独に見えました。

何か影がある人だな...そう思って、ずっと一線を引いていたはずだったのですが。

【フォックス・アンブレラの男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo