箱うにをてんこ盛りで!恵比寿の隠れ家ビストロの絶品グルメ

うに好き必見! うに丼やうにパスタだけじゃなく、ビストロでおしゃれに箱うにを堪能できるメニューをご存知だろうか?

恵比寿駅前の喧騒からは少し離れた場所に位置する『ビストロ シロ』は、大人の女性が通う一軒家ビストロ。
アミューズからメインまでシーフードにこだわった料理が楽しめる。

シャンパン片手に語り明かしたい夜にうってつけの、絶品うにグルメをご紹介しよう。

※こちらの店舗は現在移転しております。詳細は下記レストラン情報をご確認ください。

「生うにのガーリックトースト」(大箱3,600円)

好きなだけうにをてんこもりに盛れる幸せな一品!

『ビストロ シロ』を訪れたならぜひ注文してほしいのが「生うにのガーリックトースト」だ。

生うにを箱で味わえる店は多々あるが、同店のガーリックトーストにのせて味わうスタイルは珍しい。この発想は、シンプルにうに本来の美味しさを味わって欲しいという想いから誕生したもの。それ故、素材選びへのこだわりも強い。

贅沢にガーリックトースト全面にうにをのせて頬張ろう!

ブラックペッパーをかければ、なお美味しい!

食べ方もいたってシンプル。ガーリックトーストにうにをのせて食べるだけだ。

お皿に添えられたブラックペッパーを、少しうににかけて食べると、スパイシーさがいいアクセントに!ブラックペッパーは少し潰されているので、香りが高く、うにの美味しさを一層引き立ててくれる。

シャンパンとの相性も抜群なので、ソムリエにおすすめのお酒を聞きながら、この絶品うに料理を楽しんで欲しい。

「聖護院カブのブランマンジェとコンソメジュレ」(500円)

アミューズからシャンパンが進む!

「生うにのガーリックトースト」が出てくる前に、アミューズを頼むならば「聖護院カブのブランマンジェとコンソメジュレ」をセレクトしよう。

これは、カブを皮付きのまま、ミキサーで細かくしムース状に。その上に、コンソメジュレをのせた料理。前菜だからと気を抜いて口に運ぶと、その美味しさに衝撃を覚える。

控えめに入れられた生クリームは、カブの優しい甘みを見事にアシストしてくれている。上にあしらわれたイクラのプチプチとした食感も小気味良い。

これだけでシャンパンが一杯あいてしまうひと品だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo