仲良し以上、熱愛未満な2人に贈る!都内のコスパ&ムード抜群レストラン4選

そろそろクリスマスも近づいてきて、何度もデートを重ねたい時期。デートに誘われた…、そろそろ彼氏も欲しいしこの人ならもう一度会ってみたい。

そんな時、女性がデートに誘うのにちょうどいい「高すぎず、かわいげのある価格帯」のレストランをご紹介。この使い勝手の良さは、男性諸君もチェックしておいて損はないハズ!

オシャレで雰囲気抜群の店内は2人のムードを盛り上げてくれる

コスパも雰囲気も良い!銀座カジュアルの代表格『Le Bonze (ルボーズ)』

東銀座

高級フレンチで一度デートするよりも、距離を詰めたいなら何度かカジュアルなお店でじわじわ仲良くなっていきたいところ。たとえ銀座でも高級フレンチではなくカジュアルデートができるのだ。

場所は昭和通り、三丁目の交差点からすぐ。わかりやすい場所のはずなのに、やや見つけづらいビルの3階という隠れ家感がある立地も、ここぞな場面で使う時には好都合だろう。

見た目にも美しい「パテ・ド・カンパーニュ」

※メニューは、時期などによって変動あり。

店内の雰囲気はカジュアルな「ブラッスリー」だが、出される料理のクオリティは「レストラン」。アラカルト中心のメニューは、ワインと共にシェアしながら食べられるようにという配慮から。本格フレンチをリーズナブルに味わえる。

オーナーシェフの青木健晃さんは銀座『ペリニィヨン』に20年、シェフも務めた銀座育ちの料理人。モノトーンの設えはきりっとモダンでデートにもぴったりだが、メニューを開くとブラッスリーの定番がずらり。価格も3ケタからという使いやすさも、二人の緊張を和らげてくれる。

トマトやほうれん草などの野菜とシンプルなソースで頂く「白子のムニエル」

とろける食感にふんわり仕上げられた白子のムニエルや、しっとりとして滑らかな田舎風パテなど、どれも丁寧な仕事が感じられる。

コスパが良くて美味しく、さらにセンスもいい、これぞ銀座カジュアルの代表店。楽しい時間の共有こそ新たな恋の第一歩になるだろう。

ワインがすすむメニューばかり。心地よい酔いを楽しんで。

ワインのすすむメニューばかりなので、ついついグラスが空いてしまう。ボトルで好きな味に出会ったら、また一緒に飲みに来よう。

デートで行きたいレストランといえば、予約の取れないこの店だろう

おねだりしやすさ抜群!5,000円のコスパコース『L'AS(ラス)』

表参道

店に入るとまず、開放的過ぎるほど開かれたオープンキッチンに目を奪われる。カトラリーは自らテーブルの引き出しを開けて取り出すシステム。

ゲストを受け身にさせないエンターテインメント性たっぷりの演出は、もちろんデートの味方だ。

シンプルながらもモダンに仕上げられたフォアグラのスペシャリテ「フォアグラのクリスピーサンド」。

そんな店の力量が一番発揮されるのが料理の数々。遊びを利かせたひと皿の後に、直球勝負の王道メニューをぶつけるなど、緩急つけた構成でストレートな感動を呼ぶ。

メニューはランチ、ディナーともに¥5,000の「おまかせ1コース」のみで、その内容は約3週間で入れ替わるから毎回旬な食材が楽しめる。圧倒的な満足感を見出すコース設定で、 “楽しさ“ や “驚き“ がぎっしりと詰まっている。

その人気コースの最初に頂くのが名物の「フォアグラのクリスピーサンド」。これが一度食べたら忘れられない食感と味!袋に入った焼き菓子のようなビジュアルは、どこか遊び心も感じられる。

これでもコースの一部!こんなに満足度が高くて5,000円は驚きのコストパフォーマンス!

「流れるチョコレート ミックスベリーのソルべ」。料理はすべてコースの一例

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo