執行役員リサとマリコ Vol.11

執行役員リサとマリコ最終回:宿敵マリコの退任劇でリサに残された使命

大手IT系メディア企業CNAの女性執行役員、リサとマリコ。マリコ率いる『B Channel』は、黒字化の目処が経たず、平尾太一はCNAの取締役会で買収の責任を追及され、窮地に追い込まれる。

リサは平尾太一の様子を気にするが、彼の態度は素っ気ない。その夜、六本木で平尾太一とマリコの姿を見てしまい…?


深夜の六本木での衝撃的な光景。そこに追い打ちをかけるLINEが…?


―平尾社長とマリコさんが、何で?

金曜の24時過ぎ、TSUTAYAから出てきた2人は、寄り添いながら歩いている。

リサはその場で立ちすくんだ。平尾太一は、取締役会後の不安げな表情から一変、柔らかな笑みを見せている。マリコも完璧に「女」の顔だ。

取締役会後、平尾太一はリサの問いかけにほとんど応じず、その場をそそくさと後にした。急いでいると思ったら、マリコの元に行くためだったのだ。

先月の平尾太一の誕生日。マリコは、教えてあげた万年筆を送ったのだろうか。その後2人は急接近したのだろうか。頭の中はぐちゃぐちゃだった。

そのとき、ちょうどリサの携帯が鳴った。同期のこぶちゃんだ。その内容にリサは驚愕した。

「平尾社長が更迭されたって、本当?」

【執行役員リサとマリコ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ