慶應内格差 Vol.4

慶應内格差:普通部の“普通すぎる男”を捨て、華やかなNY高男に挑む幼稚舎女子の恋の行方

慶應義塾大学内には、他大学からは決して窺い知れない“格差”がある。それは、大学入学に至るまで、どのような経路を辿ってきたかという格差だ。

比率的には、大学受験を経て入学した「外部生」が圧倒的に多いが、貴族的な小学校といわれる「幼稚舎」から、中学は男子校の「普通部」と共学の「中等部」、「SFC」がある。

高校は男子校である「慶應義塾高」、埼玉にある「志木高」、女子校である「慶應義塾女子」、共学である「SFC」、そして「NY高」と高校の内部生は5つに出自が分かれる。

女子高出身の仲良し三人組、沙羅、栞、早希子の通称「3S」から見る慶應内格差。前回に引き続き、幼稚舎出身・早紀子を巡る普通部男子とNY高男子の物語をお送りする。


普通部生の良輔に告白された幼稚舎・早希子。しかし、その脳裏にはNY高出身の藤澤ケントの姿があった。

NY高といえば、慶應でも随一の高学費校。ニューヨーク郊外に位置し、隔離された空間で寮生活を送るため、同窓生の結束が妙に強い。内部生の中でも異質の存在だ。

地方の資産家や中小企業の経営者を親に持つ富裕層が多く、ケントも例に漏れず名古屋で自動車関連会社を経営する家庭に生まれた。

大学時代は親から与えられた麻布十番の自宅で一人暮らし。西麻布周辺のクラブやバーで相当派手に遊んでいたらしい。

そんなケントも今では立派なSクラス男子。新卒で入社した総合商社から同期で最初に転職し、現在は外資系の不動産ファンドで働いている。

沙羅主催の外銀パーティで早希子はケントと出会った。

「早希子ちゃんだよね?俺大学の時から密かにファンだったんだよね。」

ケントは積極的にアプローチ。2人での食事はもちろん、NY高時代のルームメイトの誕生日会や、1年に1回のNY高同窓会にも早希子を誘った。

幼稚舎生とは違う海外育ちのスマートさを持つケント。ジェントルマンで、シンデレラのように女の子を扱ってくれるケントに早希子は満足していた。

【慶應内格差】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ