今夜集まろう!アクセス便利な新宿でコスパ良く飲み会できる店6選

カジキのテリーヌと茸のソテー 香草バターソース。バターのコクと茸の香りが豊か。さまざまなワインとの相性が楽しめる。メニューは季節などにより異なる。写真は一例

ワイン好きの彼女も間違いなく満足できる『MARUGO Ⅴ(マルゴ ファイブ)』

新宿

場所はJR新宿駅近く、紀伊國屋書店のすぐ裏。買い物客等でも賑わうエリアとあって、開店は昼の12時。カフェユースも可能な終日営業で、ワインバーの新境地を開く。

フランス産を中心に約800本を揃え、約20種をグラスで提供。ボトルは5,000円前後が豊富だが、愛好家垂涎の銘醸品ももちろん揃う。

メニューは旬によって変わるが、常にワインに寄り添う料理が楽しめるのがこの店の魅力。

空瓶を使った照明やボトルホルダー付きのテーブルなど、空間全体で「さぁ、ワインを!」という雰囲気は『MARUGO』グループに共通している。

イタリアンを軸に、旬のもの、ワインに合う料理を気取りなく楽しめる。つい足が向くのはこんな店だ。

三丁目でははずせない炭火焼き『彗富運(スプーン)』

新宿3丁目

「安くて美味い酒をがぶがぶ飲み、料理をがっつり食べる」スタイルを地でいく繁盛店。炭火焼きや日本酒も出す形に近年業態が変化した。

2号店『銀彗富運(シルバースプーン)』から徒歩圏内。雰囲気やシーンが違う両店だが、味とコスパがいいワインたちはどちらも一緒。こちらの店舗では日本酒も味わえる。

どちらに行こうか迷ってしまう2軒だ。

三丁目にぽっかり灯りつづける止まり木『トラットリア・クラウディア』

新宿3丁目

喧噪を離れた三丁目エリアにある、テラス席と開放的なテーブル席が人気のトラットリア。有機野菜や鮮魚など、素材の味を最大限に引き出すことを得意としている。

伝統的なクラシック料理をベースとしながらも、時代やゲストに合わせた柔軟な創作ができるのは、このグルメタウンの老舗の実力だ。

ワインはイタリア産を中心に約70種を用意している。ワインと前菜で二軒目使いにも。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【 東カレユーザーのリアルなお仕事事情を緊急アンケート!】
生活様式が大きく変化したこの1年。
新しい働き方についての実態を知りたい方も多いはず・・
そこで、東カレユーザーのリアルなお仕事状況を教えてください!

皆さんからの回答結果はまとめて発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/7Z6GH585

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo