大特集!話題の恵比寿横丁でガッツリ食べたい肉グルメ4選

「芯タンの炙り焼き」

1頭から2人前しか取れない希少部位を手軽な価格で『ベコヒラ』

恵比寿

この分厚い牛タン。“芯タン”と呼ばれる、牛1頭から2人前しか取れない希少部位なのである。それがたったの1,000円台で頂けるのだから、さすがは恵比寿横丁!と言いたい。

カウンター席のみの店内はオープンキッチンとなっており、目の前で注文した牛タンを炙ってくれる。このライブ感がさらに食欲をそそるというニクい(肉だけに)演出だ。

炙られた芯タンを一口食べれば、まずは想像以上の柔らかさに驚く。通常の牛タンであれば少し噛みごたえがあるものだが、芯タンは全くの別物。これでこの価格は、お得すぎるのではないだろうか。

「芯タンの炙り焼き」の焼き加減はピンク色くらいがベスト。これ以上焼きすぎては、せっかくの芯タンが固くなってしまう。味付けは塩コショウのみでシンプルに。網で炙られた為、余分な脂は落ち食べやすい一品。

お店の個性が出る「牛タン入りポテトサラダ」。肉が焼けるまで、まずはつまみで一杯といきたい。ポテトサラダにかけられたソースとマヨネーズが濃厚で、思わずビールが進む。

カウンター席のみなので、おひとりさまの利用もしやすい。気さくな店主が迎えてくれる。

舌がモチーフになったこの看板が目印。正面入口よりまっすぐ進めば見えてくる。気軽に飲みたいけど、ちゃんとガッツリ食べたい……そんなワガママな胃袋を叶えてくれるお店だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo