大特集!話題の恵比寿横丁でガッツリ食べたい肉グルメ5選

ここ最近、「恵比寿横丁」が大変な盛り上がりを見せている。なにやら、“出会いの場”としてもアツいと噂になっており、週末になれば座っているだけで何十人から声をかけられることもあるという!

そんな盛り上がりを見せる恵比寿横丁で、会話のきっかけにもなる、ここならではの肉グルメを紹介していく。押さえておきたい肉メニューはこの5店舗だ!

右から上赤身、鴨トロ、大トロ、雲丹トロ軍艦、アボカド、上いなりがセットになった「彩り盛り合わせ」1,600円、現地で買い付けたというワイン「アレグロ ヴィーノ ロッソ」2,500円


旨味を引き出すために改良を重ねた究極の肉寿司!『加藤商店 肉寿司』


恵比寿横丁で人気店のひとつと言えば、こちらの『肉寿司』。新鮮な生肉とシャリがマッチするように、これまで数回もの改良を重ねてきたという。通常の寿司で使われるシャリでは肉の旨味が出せないので、こちらでは少し甘味のある酢を使用している。

また肉の脂を引き立てるために醤油も甘口をチョイス。色鮮やかな桜色の肉寿司は、口の中の熱でじゅわっと溶けてしまう。

今回用意してもらったのは「彩り盛り合わせ」(1,600円)で、左から上赤身(青森産)、低温で熱を加え薫香をきかせた鴨トロ、コクと甘さを一番感じるランプの部位を使用した大トロ(青森産)。さらに豪華な和牛うにトロ軍艦、女子ウケのいいアボカド、いなりを引き立てるフォアグラが乗った上いなりの6種類。

口に入れるととろける味わいの肉寿司

肉寿司に合わせるならオーナーが直接買い付けに行った、ワインをオススメしたい。ここでしか飲めないオリジナルのワインで、「アレグロ ヴィーノ ロッソ」(2,500円)の濃厚な味わいは肉料理にぴったり。

ボトルを頼んで「良かったら一緒に飲みませんか?」と近くにいる人を誘ってみるのも手だろう。

また肉寿司で使用している馬肉は国産の穀物を食べて育っているため、海外産のものと比べて肉質がだいぶ違うという。そういったひとつひとつのこだわりが、このクオリティを作り出しているのだ。

こだわりの肉寿司はイケメンのスタッフが、愛情を込めて握ってくれる。

週末なら通路付近に座りワイガヤ感を愉しむのもいいだろう。恵比寿横丁では予約ができないため、来店の際は注意を。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ