駅から10分平日チョイ飲みグルメ Vol.1

「今日月曜だから軽めに一杯だけ飲む?」 表参道のお洒落チョイ飲みに抜群な店5選

仕事帰りに、予定の合間に、少しできた時間で軽く一杯。時間に追われがちな東京のオトナたちにとって、そんなひとときは間違いなく日々の暮らしの潤滑油になるはず!という訳で、東京一のトレンドタウン・表参道で見つけた、“チョイ飲み”ウエルカムな良店5軒を、いざご紹介!

シチリア・エトナ山の地場ぶどう品種で作られる「テヌータ・モンテ・イリチェ」のグラスワインと、香り高い2種のオリーブのセット

パリから初上陸のオリーブオイル専門店が提案する、グルメなチョイ飲み

表参道に9月1日オープンしたばかりのオリーブオイル&シチリア食材専門店が『Cedric Casanova(セドリック・カサノヴァ)』だ。

本店はパリ10区の『La Tete Dans Las Olives(ラ・テット・ダン・レ・ゾリーヴ)』。顧客リストには、かのデュカス氏やエルメ氏といった名だたるシェフの名が連なる人気店である。

店内の物販スペースの奥には、こじんまりとしたカウンターとテーブルが。

ここで、オーナーのセドリック・カサノヴァ氏が自ら探し出したオリーブやドライトマト、ケイパーといった食材をアレンジした軽いつまみとワイン、さらには熱燗(!)の組み合わせで1杯、という楽しみ方が可能だ。

実は米と相性がいいシチリア食材。凝縮感のあるドライトマトや、野生のケイパーの塩漬けに、熱々の日本酒「竹鶴」が合う!

ふわりとハーブが香るジューシーなオリーブ、ぎゅっと旨みの詰まったドライトマト…。1杯のつもりが、どんどん杯が進む罪な美味しさに、シチリア食材の持つポテンシャルを思い知る。

ちょい飲み向けのセットは3種類で、どれも1,080円。シチリアの風土や生産者のこだわりについて聞きながら味わえば、より味わい深さもひとしおだ。8種のオリーブオイルのティスティングもでき、この味わいでさらにワインが進んでしまう。

気に入った食材は購入可能ゆえ、宅飲みもまた楽しみになるおまけ付き。さすがは、満を持して日本に上陸した話題店。クオリティの高いちょい飲み時間を満喫すべし!

【駅から10分平日チョイ飲みグルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ