今年の新店の中でも特にコスパが抜群な、都内で予約すべき名店6選

2016年も残り僅か。ここに来て話題店のオープンが続き、盛り上がりを見せている。今回は、今年誕生したレストランからコスパどころか、お得すぎる6軒を紹介!シャンパンバーから和食店まで、現在の東京で、いち早く予約すべきレストランはココだ!

「シャンパンアンサンブル」¥2,200

ローラン・ペリエが¥600!? 銀座で泡はココが賢い!『バブルズ ギンザ シャンパンカフェ』

「女性ひとりでもカフェ感覚でシャンパンを楽しんでほしい」とオープンした一軒。「シャンパンアンサンブル」は、2,200円で3種類が味わえるお得なセット。「ローラン・ペリエ」「アヤラ・ロゼ・マジュール」「キャティア」など、有名メゾンがそろう。

オーダー時に1杯を「ミモザ」や「シャンパンモヒート」などのカクテルに変更することも相談できる。ランチタイムには、なんとプラス600円で、「ローラン・ペリエ」が1杯セットに。しかも17時までという嬉しい設定だ。銀座の相場の半額以下!?

食べ応えあるランチメニュー。「生ハムとアボガド、モッツァレラチーズの雑穀パワーサラダ スタッフドバケット付き」¥1,200

シャンパンとの相性を考慮した料理。「サーモンのタルタルシャンパンソース」¥1,800

女性同士で訪れたい、華やかな雰囲気

グラスワインは¥700~そろい、¥800~900がメイン。ボトル¥4,800~。店内奥には、ワインセラーがある

全種制覇不可能なグラスワインが40種!『カルム』

店名は「穏やかな」や「凪」の意。首都高と山手通りが交差する窓の景色とは対照的に、店内には、ゆったりとした居心地のいい時間が流れる。

「どのワインを選ぶかは、料理やお客様、時間帯、その場の雰囲気を読み、パズルをはめるようなものですね」と語るのは、オーナーソムリエの佐野敏高氏。リストはなく、日々次々とワインが抜栓されるため、常時40種類以上がグラスワインとしてスタンバイする。フランスやイタリアなどに加え、オーストリアや南アフリカなど、実に幅広い。

息をのむような料理を担当するのは、『アピシウス』や『urura』で共に働いていた植松裕喜シェフ。カウンター席に座れば、奥の厨房で料理が完成する様子が望める。

爽やかなソースでいただく。「季節野菜のエチュベ コリアンダーの香り」¥1,080

広々とした店内は、夜になるとワインを求める人で賑わう

上品でありながら、ついお酒が進んでしまう味わい。内容は毎月1日に替わる。コースは前日までに要予約

麻布エリアで最安値!? ¥3,800で旬のフルコース『麻布 美の』

新橋で14年愛されてきた和食『美の』が、満を持して姉妹店をオープン。東麻布の閑静な一角という立地にもそそられるが、充実の料理とその価格に驚かされる。前菜、刺身、焼きもの、スープ、揚げもの、茶碗蒸し、土鍋ご飯という、ご覧の通りの季節感溢れる内容で税込み4,104円。

お値打ちの理由を尋ねると、「私自身がお酒好きで、しっかり食べて飲んで6,000円くらいだと嬉しいなと思うんですよね」と微笑む店主の佐川美雄氏。価格は抑えているが、上質な食材を丁寧に仕込むことで極上の和食に昇華。

血合抜きの鮪節で丁寧にとる優しい風味の出汁が、素材の味わいを引き立てている。本店はコース1本だが、麻布ではアラカルトの対応もスタート。

ホロリと崩れる軟らかさ。2日間かけ、味を染み込ませている。「赤味噌の角煮」¥1,080

お一人様でも訪れやすいカウンター席がうれしい

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ