東京いい街、やれる部屋3 Vol.1

東京いい街、やれる部屋3:24歳で憧れた街、中目黒。40代独身男が未だ住み続ける理由

「俺の部屋に来ない?」

ラグジュアリーブランドのPR、という強く見られがちな外見とは裏腹に、押しに弱いレイナ、27歳。学生時代から付き合っていたシンジと、つい最近別れたばかり。

自由の身になった彼女のスケジュール帳はデートの予定で次々と埋まっていくが、皆なぜかレイナに自分の部屋を見せたがる。

「部屋を見れば、その人の全てが分かる」とはよく言ったものだが、レイナは男たちの選ぶ街と部屋を見ることで、次第にその正体を知っていくことになる。

今日のデートはずっと憧れていた、フリーの広告プランナーの修二、42歳。彼にも普段の陽気な姿からは想像できない、意外な過去があった-。

金曜日19時のスタバ@銀座。勝負デート前に心を落ち着かせる時間。


「シンジとレイナ、いいコンビだと思ってたんだけどなぁ…。」

金曜の19時のスターバックス。高校時代からの親友・マリコの言葉を反芻した。

レイナとシンジは先月別れたばかり。高校1年生の時から、くっついたり別れたりを繰り返しながらも10年近く付き合っていた。周囲の友人たちは、何だかんだ2人のハッピーエンドを期待していたのだった。

新聞記者だった彼は、先月ロンドンに行ってしまった。ずっと憧れだった地での駐在。今頃、生き生きと仕事しているだろう。

別れたばかりは結構落ち込んだ。しかし、世の中の半分は男性なんだからまだ出会いはある、と自分に言い聞かせたり、偏屈で有名だったシンジの悪いところを無理やり思い出したりして、時間の経過とともに少しずつ回復してきた。

今日はこれから、ずっと憧れていた修二との初デートだ。20時からの約束に備えて、いつものスタバで大きく深呼吸した。

「雲の上の存在」とレイナが語る、修二の正体とは?


修二はフリーの広告プランナーで、レイナの働く業界ではなくてはならない存在だった。

彼は元々、男性ファッション誌の編集者として活躍していて昨年独立したばかり。人脈も広く、プレゼン能力に長けていた彼は各ブランドからの信頼も厚かった。特に時計が好きで、時計の広告を作らせたら右に出るものはいない。

彼がまだ編集者だった頃に何度か仕事をしたことはあるが、雲の上のような存在だった。彼が独立した後、レイナの勤めるブランドから新作の時計が出ることになり、仕事を依頼することになった。

独立して、フリーになった気安さからなのか、撮影が終わった後打ち上げをしようと食事に誘われた。憧れの人から誘われ、レイナのテンションはMAXになった。

さて、彼はどんなお店に連れて行ってくれるのだろう?期待に胸を膨らませて、銀座から日比谷線に乗り、待ち合わせ場所である恵比寿に向かった。

【東京いい街、やれる部屋3】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ